ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

箱根ターンパイクが楽しめるETC乗り放題プラン

「箱根ターンパイク」といえば、箱根・伊豆方面への観光だけでなく、クルマを走らせること自体を目的に訪れるドライバーにも人気のドライブウェイ。その箱根ターンパイクの片道通行券と、ETC高速乗り放題がセットのプランが発売になりました。12月中旬までの期間限定のETC乗り放題プランです。


箱根ターンパイクが楽しめるETC乗り放題プラン

ETC乗り放題プランで箱根ターンパイク

NEXCO中日本が2019年12月20日まで発売中の「箱根周遊ドライブプラン」は、神奈川県の有料道路「アネスト岩田ターンパイク箱根」(箱根ターンパイク)の小田原本線片道通行券と、ETC限定乗り放題がセットになったプラン。購入には同社の会員サービス「速旅」への事前登録が必要で、当日最初にICを降りるまで申し込み可能です。

箱根ターンパイクの通行券は、小田原料金所または大観山にある「アネスト岩田スカイラウンジ」で受け取る仕組みで、引き換えの際に、スマホやタブレットでの認証作業があります。

この通行券分については、普通車730円を同額で購入することになり、割引はありません。ただし、特典としてアネスト岩田スカイラウンジのティーラウンジドリンク券1枚(250円分)とお買い物券1000円分が付き、1250円おトクになる計算です。

ETC乗り放題プランの有効期限は2日間

ETC高速道路乗り放題部分については、厚木IC・寒川北IC・沼津IC・長泉沼津ICに囲まれた路線と小田原厚木道路・西湘バイパスが乗り放題エリアとなります。有効期間は2日間で、価格は普通車2100円です。

休日利用を前提におトク度を調べてみると、厚木ICから箱根ターンパイク最寄りの小田原西ICまでの通行料金は往復普通車1040円。箱根ターンパイクを走って帰ってくるだけの場合、アネスト岩田スカイラウンジの特典を含めて考えると、通常に走行する場合とプラン利用がほぼ同額といえます。

一方、東京ICを出発し箱根ターンパイク経由で西伊豆方面へ抜け、沼津ICから帰るドライブのケースでは、通常走行でのNEXCO中日本分の通行料金は合計普通車4350円なのに対し、ETC乗り放題プラン利用では4700円。アネスト岩田スカイラウンジの特典分と合わせると900円プラン利用が割安となる計算です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事