ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ETCカードで「うっかりミス」した時の対処法

料金所でいちいち通行券や現金のやりとりをせずに済むETCは便利ですが、車載器にETCカードが入っていなかったためにETCゲートで立ち往生した…といったこともしばしばおこります。そうしたETCカードでおこりうる「うっかりミス」をした時にどう対処すればよいかの方法をまとめてみました。


ETCカードで「うっかりミス」した時の対処法

ETCカードを入れ忘れたら係員を呼ぶ

ETC利用時に一番ありがちな失敗としては「ETCカードを車載器に入れ忘れた」というものでしょう。この場合、当然ながら入口料金所のETC専用レーンに入るとゲートが開かず、立ち往生する羽目になってしまいます。

ここで、そのままETCゲートを強行突破するというのは最悪の対応。不正通行とみなされ、通常料金の2倍を請求されるだけでなく、道路整備特別法違反として刑事事件化する恐れも出てきます。

車載器へETCカードを入れ忘れた時の正しい手続きは、ゲートにあるボタンを使い係員を呼び出すこと。その際、事情を説明してETCカードを渡して手続きすることでETC利用扱いになります。そして、返却されたETCカードは今度こそ車載器へしっかりと挿入するのは言うまでもありません。

ETCカード自体を忘れたら現金で利用

次に、ETCカード自体を忘れて出発した場合はどうすればよいのでしょう。高速道路を利用する前に気づいたのであれば、一般レーンを利用して通行券を受け取るか均一料金を現金で支払えば問題ありません。日本の高速道路にETC専用路線は存在しないので、走行自体は行えます。

一方、ETCレーンへ入ろうとしてゲートが開かない段階でETCカード忘れに気づいたケースでは、入れ忘れの時と同様にボタンで係員を呼び出し、事情を話して手続きを行ってもらうことになります。料金後払いの路線であれば通行券を受け取り、均一料金であれば現金で通行料金を支払うことになります。

現金利用で高速道路を走ることになるため、休日割引などの各種ETC割引は適用外。また、首都高速・阪神高速では走行ルート次第で現金料金がETC利用の3倍以上となることもあるため、ETCカードは忘れずに持って行くようにしたいところです。


ETCカードは限度額オーバーで使える

さらに、年末年始でETCカードを作ったクレジットカードが限度額オーバーになった場合はどうすればよいのでしょう。実はETCの通行料金はすぐにクレジットカード会社へ請求が届くわけではないため、限度額をオーバーした状態でも高速道路でのETCカードの利用自体はそのまま問題なく行えます。

これは、クレジットカードなしで作ったETCパーソナルカードでも同様。こちらの場合、あらかじめ振り込んだデポジット額の80%まで使える仕組みになっていますが、限度額を超えてから利用停止まで3営業日かかるとのこと。年末年始は営業日外なので、すぐに利用停止にはなりません。

ただし、いずれのケースでも、そのまま放置しておくと大変なことになります。通常のETCカードの場合、繰り上げ返済を行わないとクレジットカード自体が使えなくなりますし、ETCパーソナルカードであればデポジットの増額を行うまで利用停止が続くことになります。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事