ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

栂池高原のリフト券付きETC乗り放題プラン発売

長野県の栂池高原スキー場は、中級者でもロングランを楽しめるスノーリゾートとして、関東・関西から毎年多数のスキーヤー&スノーボーダーが訪れるスポットです。そのアクセスに便利なETC乗り放題プランが発売中。首都圏、名古屋圏のほか静岡方面からのプランもあるETC乗り放題プランです。


栂池高原のリフト券付きETC乗り放題プラン発売

ETC乗り放題プランとリフト1日券

NEXCO中日本が販売する「栂池高原スキー場ドライブプラン」は、長野県にある同スキー場のリフト1日券とETC高速道路乗り放題がセットになったプラン。購入にはNEXCO中日本の会員サイト「速旅」への登録が必要で、利用期間は2020年1月8日~3月13日。申し込みは利用開始前日まで受け付けています。

リフト1日券については、大人(中学生~60歳)1枚5400円のところを4400円で最大2枚まで購入可能。申し込み時に届くメール内にあるURLをクリックすると表示される「申込確認書」を印刷のうえ、スキー場内にあるチケットセンターで交換する仕組みになっています。

ETC乗り放題部分については、発着ICと乗り放題エリアにより5パターンを用意。静岡県向けプランとしては、発着IC指定なしでETC乗り放題エリアが安曇野IC・甲府南IC・新富士IC・富士IC・燒津IC・島田金谷IC・駒ヶ根スマートICに囲まれた路線で有効期間は2日間、価格は普通車5300円です。

ETC乗り放題プランは5パターン用意

首都圏向けETC乗り放題プランは、発着ICが高井戸IC~国立府中IC・横浜青葉IC~東京ICの場合はETC乗り放題エリアが安曇野IC・八王子西IC・八王子IC・横浜町田IC・藤沢IC・茅ヶ崎海岸IC・掛川IC・遠州森町スマートIC・伊北ICに囲まれた区間と小田原厚木道路・西湘バイパスとなり、有効期間は3日間、価格は普通車6200円です。

また、発着IC指定なしの首都圏向けETC乗り放題プランもあり、ETC乗り放題区間は安曇野IC・八王子西IC・八王子IC・相模原愛川IC・須走IC・六郷IC・伊北ICに囲まれた路線で、有効期間は3日間、価格は普通車5500円となります。

名古屋圏出発では、有効期間2日間の場合は発着ICが土岐IC・富加関IC・一宮IC・東海IC・豊川IC・新城ICで囲まれたエリアとなり、ETC乗り放題区間が安曇野IC・甲府南IC・新富士IC・富士IC・燒津IC・島田金谷IC・駒ヶ根スマートIC。価格は普通車5500円です。


休日利用もETC乗り放題プランが割安

さらに、有効期間3日間で発着IC指定なしのプランもあり、こちらのETC乗り放題エリアは安曇野IC・諏訪南IC・岡崎東IC・岡崎IC・豊田南IC・岐阜羽島IC・関広見IC・飛騨清見ICに囲まれた区間と安房峠道路です。価格は普通車6200円になります。

各プランのおトク度を休日利用前提で調べてみると、栂池高原スキー場の最寄りは安曇野ICのため、静岡県内発着についてはETC乗り放題プラン利用の方が割安。また、首都圏向けについては、発着IC指定プランについては対象ICからの利用はすべて割安になります。

さらに、発着ICなしの首都圏向けプランは相模湖ICより東側からの利用でおトクに。また、名古屋圏向けについては発着IC指定プランについては土岐IC以外からの利用はすべて割安となり、指定なしプランについては瑞浪ICより西からの場合にプラン利用がおトクになります。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事