ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ETC利用でないと料金が大幅高になる高速道は?

「ETC利用」のメリットとして真っ先に挙げられるのが、休日や深夜に高速道路を走ると料金が安くなる割引があることでしょう。そのため、平日しか高速を使わないし距離や回数もわずか…という人はETCでなく、現金利用でもよいと思っているかもしれません。しかし、曜日や時間に関係なくETC利用でないと料金が大幅高になってしまう高速路線も少なくないのです。


ETC利用でないと料金が大幅高になる高速道は?

ETCのみ距離別料金で現金利用は大損

ETCを利用せず、現金・クレジットカードで支払うと大損する可能性が高いのが「ETCのみ距離別料金」という路線です。その代表例が「首都高速」「阪神高速」の2大都市高速で、ETC利用は走行距離に応じて普通車300~1320円であるのに対し、現金利用では入口から走行可能な最大料金となります。

両高速とも路線数が多く、ネットワークで結ばれているため、現金利用の場合はほとんどの入口で最大料金の1320円を支払わなければなりません。外苑ランプ~霞ヶ関ランプは、ETC利用で300円なので1000円以上も高く付きます。

とはいえ、ETC利用でも上限の1320円になる長距離については、現金料金と同額ということ。首都高速は35.7km、阪神高速では32.3kmで上限料金に達するため、東北道方面から横浜市内へ向かうような場合は、現金利用でも損はしないといえるでしょう。

ETCのみ距離別料金となっている路線

そして、ETCのみ距離別料金となっている路線はNEXCO路線にもあり、ほとんどが首都圏と関西圏に集中しています。首都圏であれば「中央道(高井戸IC~八王子IC)」と「外環道」、関西圏では「第二京阪道路」「近畿道」「京奈和道」「第二阪奈道路」「西名阪道」「南阪奈道路」「阪和道(一部区間)」「第二神明道路」です。

現金利用で損する割合は、路線ごとのICや料金所の設置方法により変わりますが、もっともETC利用と現金利用で差が付くのが、第二神明道路を須磨IC→名谷ICの方向で走行したケース。この場合、ETC料金110円が現金料金410円と、約4倍の価格差となります。

また、近畿道と阪和道の松原JCT~岸和田和泉ICについては、それぞれETC利用の上限料金が760円ですが、両路線を連続走行した場合はETCに限り1040円が上限になる割引サービスも存在。現金利用は割引なしの「760円+760円=1520円」となるため、480円も損する形です。


ETC利用と現金利用で料金設定が別

このほか、時間帯に関係なくETC利用と現金利用で料金設定が別だったり、ETC限定で大幅割引が行われている路線もあります。前者の代表例が本四高速の3路線、後者で割引率が一番高いのが「東京湾アクアライン」です。

本四高速については、巨大橋を通過する区間はETC利用で大幅割安となる料金システムを採用。そのため、橋を通過する距離が長くなるほど、現金利用は損することになります。例えば神戸淡路鳴門自動車道を神戸西IC~鳴門ICまで走る場合、平日で2370円、休日は3040円も現金利用は損です。

また、東京湾アクアラインについてはETC限定で「アクアライン割引」を実施中。普通車の場合、ETC利用で曜日・時間に関係なく800円となる一方、現金利用は3140円と2000円以上割高です。本四高速3路線とあわせ、この4路線についてはETC利用が必須といえるでしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事