ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

GoTo対象外「ETC乗り放題プラン」お得な活用法

10月1日から、GoToトラベルの割引に地域共通クーポン券分が加わり還元率が50%にアップ。宿泊とのセットで割引対象となる、専用のETC乗り放題プランも登場しました。一方、これまで販売済みのETC乗り放題プランはGoToトラベル対象外で、専用プランより損にも思えます。しかし、使い方次第では以前からのETC乗り放題プランも十分お得なのです。


GoTo対象外「ETC乗り放題プラン」お得な活用法

GoToトラベル対応ETC乗り放題プラン

NEXCO中日本では「速旅」というブランドでETC高速道路乗り放題プランを発売中です。プランの多くは、高速道路乗り放題とさまざまなホテル・旅館への宿泊や観光施設の利用券がセットになったもので、ドライブのルート次第では高速道路の通行料金を50%以上割安にできます。

しかし、以前から発売されていたETC乗り放題プランは、GoToトラベルの対象になりません。一方で、GoToトラベル対応のETC乗り放題プランも10月から利用可能。こちらは、GoToトラベル対象のホテル・旅館の利用に高速道路乗り放題を付け加える仕組みで、宿泊・乗り放題プラン両方が50%還元対象です。

このため、以前からのETC乗り放題プランよりGoToトラベル対応のETC乗り放題プランを利用した方が基本的には割安です。しかし、実は以前からのETC乗り放題プランを利用した方がお得になるケースもあります。

それは「乗り放題プランに宿泊が含まれない」「乗り放題エリアと発着ICが離れている」の両方を満たすパターンです。

対象外のETC乗り放題プランの方が割安

従来型のETC乗り放題プランのなかには、発着ICのエリアが指定されているものが多く、発着ICからETC乗り放題エリアの通行料金もセットとなっています。一方、GoToトラベル対応のETC乗り放題プランは乗り放題エリアのみが設定されていて、発着ICからそのエリアまでの通行料金が別途必要です。

例えば、東京ICを出発して三重県のナガシマスパーランドまでドライブする場合、GoToトラベル対応乗り放題プランでは「愛知・三重周遊コース」を選ぶことになります。この乗り放題部分は、50%割引後の価格は普通車4600円。これに加えて、東京IC~岡崎東ICまでの往復通行料金が必要となり、ETC休日割引で普通車9540円です。

一方、ナガシマスパーランド最寄りの湾岸長島ICがETC乗り放題エリアに含まれる「SA・PAお買い物券付きドライブプラン」には首都圏発着があり、東京IC発着でも利用可能。お買い物券を除いた高速道路乗り放題部分の価格は普通車1万200円で、GoToトラベル対応プランの合計1万4140円より約4000円割安です。

現地での宿泊については、ETC乗り放題プランとは別にGoToトラベルを活用して予約をすればOKで、対象のホテル・旅館であれば35%の割引に加え15%分の地域共通クーポン券を受け取れます。ちなみに、ナガシマスパーランドのオフィシャルホテルでは、GoToトラベル対象の宿泊プランを用意しています。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事