ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

レンタカーの割引率が高いクレジットカードは?

さまざまなサービスのなかでも、クレジットカードがほぼ必須といえるのが「レンタカー」です。カード利用が保証金の意味合いもあり、高級車やミニバンなど車種によっては現金では借りられないこともあります。そして、レンタカーでカードを使うときは、レンタカー会社とカード会社の組み合わせにより割引率が大きく変わるのでした。


レンタカーの割引率が高いクレジットカードは?

クレジットカードでレンタカー割引

クレジットカードのサービスとして、レンタカー割引は多くのカード会社が実施している特典の1つです。しかし、クレジットカードとレンタカー会社の組み合わせによっては、あまりお得にならないケースも…。その理由はレンタカー会社独自の会員割引があるためです。

例えば、イオンカードにはトヨタレンタカーを利用すると10%の割引がありますが、実は年会費無料のトヨタレンタカーメンバーに加入することで、同じ10%の割引が受けられます。さらに、トヨタレンタカーメンバーには還元率5%の「トヨタレンタカーマイル」も用意されているのです。

また、タイムズレンタカーにはさまざまな提携カードとの割引が存在しますが、タイムズカーシェアの契約期間中は「プレミアム会員」となり、レンタカー25%割引のほか貸し出し前日の17時から営業開始時刻まで追加料金なしで利用可能。8時開店の営業所であれば、前日17時~20時の利用でも12時間料金でOKなのです。

最大50%割引になるクレジットカード

レンタカー利用にクレジットカードを使う際には、会員割引とカード割引が併用できる、あるいはカード割引の方が会員割引より大きい組み合わせを選べば有利。イオンカードであれば、ニッポンレンタカーは会員サービス「スーパーレッドメンバー(SRM)」との併用が可能で、その際の割引率は15%となります。

セゾンカードの場合、オリックスレンタカーが専用プランを用意していて、車種に応じて基本料金から10~50%オフ。車種ごとの割引率を細かく見ると、軽自動車やコンパクトカーの割引率が低い一方、ミニバンなどの大型車では割引率が高く設定されているようです。

また、セディナカードは2021年3月31日まで日産レンタカーが最大50%割引になるキャンペーンを実施中。こちらの場合「セゾンカード+オリックスレンタカー」の組み合わせと異なり、マーチ・ノートといった小型車でも割引率が30%以上と高く、少人数でのドライブでもお得です。

■「クレジットカード」おすすめ記事
楽天の家族カードなら小額ポイントが合算できる
ダミーのクレジットカード番号が入手できる!
飛行機の遅延補償はクレジットカードを活用
Vプリカは使い方次第で半永久的にタダ見できる
Vプリカは使い方次第でクレカ番号ジェネレータ
今すぐ「イオンSuicaカード」を見直すべき理由
エポスゴールドカードの招待を断ると大損な理由
デビットカードでモバイルSuicaチャージの裏技

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事