ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

高速が最大で半額以下「ETCコーポレートカード」

高速道路会社は、毎月何万円も利用する会社など向けに大幅な割引を行っています。それが最大で通行料金が半額以下になる「ETCコーポレートカード」の仕組み。「コーポレート」という名前から、会社でないと契約できないと思われがちですが、実は個人でもETCコーポレートカードを作る方法があるのです。


高速が最大で半額以下「ETCコーポレートカード」

ETCコーポレートカードは首都高も割引

「ETCコーポレートカード」は、高速道路を頻繁に利用する会社向けの大口割引制度です。NEXCO3社の割引率は、自動車1台につき月額5000~1万円分が10%、1万~3万円分が20%、3万円を超える分が30%。ETC2.0はそれぞれ10%増しです。

しかも、ETCコーポレートカードの割引はETC休日割引・ETC深夜割引とも併用が可能。計算上は、最大で通行料金が49%オフ、ETC2.0なら58%オフと半額以下になります。

さらに、ETCコーポレートカードにはNEXCO3社路線のほか、首都高速や阪神高速の利用についても割引対象。割引率は、両社とも1台あたり月額5000~1万円分が10%、1万~3万円分が15%、3万円を超える分が20%です。もともと休日や深夜の時間帯割引がない高速道路だけに、ぜひ活用したいところです。

ETCコーポレートカードは「コーポレート」という名が付いているため、企業のみが申し込めると思っている人も多いかもしれません。しかし、ETCコーポレートカードは個人でも実は申し込むことが可能です。

ETCコーポレートカード発行に組合加入

とはいえ、ETCコーポレートカードを個人で申し込むハードルは低くはありません。個人申込の場合、金融機関が発行する支払い保証書を用意するか、4か月分の利用金額にあたる保証金を積み立てることが必要です。毎月2万円分高速道路を利用するのであれば、8万円の積み立てを行うことになります。

通行料金が割安になるとはいえ、8万円をNEXCO3社に預けっ放しにしておくのは、個人としては負担が重いところ。そこで、ETCコーポレートカードを利用する個人の多くは、高速道路利用のために作られた組合へ加入して発行しています。

こうした組合では、加入時に出資金として1万円が必要なほか、年間手数料としてカード1枚あたり800~1300円の費用がかかるというのが一般的。また、組合加入にあたっては、毎月の通行料金がきちんと支払えるかを確認するため、信用状況の審査も行われます。

■「ETC」おすすめ記事
ETCの履歴を盗み見る方法とその防衛策とは?
ETCポイントを車載器なしで貯める方法がある?
ETC限定の「休日割引」は高速が最大50%オフ
ETCを利用して高速が乗り放題になる方法がある
高速ETC深夜割引にSA内で泊まれるホテルを活用
ETC2.0は車載器が高い分のメリットはあるのか?
高速料金が1割引きになる「ETCマイレージ」とは

■「高速道路」おすすめ記事
高速道路は財布を忘れたら料金を後払いできる?
有料の高速道路になぜ無料区間が存在している?
交通機動隊と高速隊の取り締まり任務の違いとは

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事