ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

使わなくなったETC車載器はそのまま捨ててOK?

クルマを買い換えるとき、気になるのがいままで乗ってきたクルマに付いたETC車載器をどうするかという点です。下取り車の査定価格への影響は当然ですが、ETC車載器付きで売ってしまった場合に、そこから個人情報が漏れるかどうかも心配なところ。しかし、実はETC車載器からの個人情報漏れについては心配する必要がないのです。


使わなくなったETC車載器はそのまま捨ててOK?

ETC車載器に個人情報の記録はない

中古車販売店に出かけると、ETC車載器が取り付けられた状態の中古車が数多く販売されています。とくに、前オーナーが高速道路の利用が多い都市部であれば、大半がETC車載器付きです。そして、設置済みのETC車載器は再セットアップを行うことでそのまま使用できます(再セットアップなしで使える場合も存在)。

しかし、逆に自分が自動車を下取りに出すケースを考えると不安だと考える人もいるかもしれません。仮に、ETC車載器に住所やクレジットカードなどの個人情報が残ったまま自動車を売却することになれば、そこから個人情報が漏れて悪用される恐れが出てくるからです。

実は、ETC車載器に関しては、売却時や処分時の個人情報漏洩に関して心配する必要はありません。というのも、ETC車載器に書き込まれている情報は、車種やナンバープレート番号についての情報のみで、車載器を取り付けた人の住所や利用したETCカード番号の履歴といった情報は書き込まれない仕組みになっているからです。

ETC車載器には履歴情報も残らない

ETCゲートを通過する際には、自動車側からはETC車載器を通じてETCカードから読み取ったカード番号の情報が送られます。このカード番号情報は、IC内に設置されたサーバーを経由して中央サーバーへ送信。そこでカード番号とその有効期限がチェックされ、有効でないETCカードと判定された場合、ゲートが開きません。

そして、このETCカード番号の送信時にはETC車載器上にその情報が残らないように設計。ETCゲート側から利用料金情報が送信される際も同じ仕組みのため、ETC車載器を手に入れるだけでは過去のETCカード利用履歴はわかりません。

これは、ETC2.0を利用したいなどの理由でETC車載器を買い換えた場合についても同様で、古いETC車載器を処分する際も情報漏れを気にする必要はありません。ただし、自分でETC車載器を付け替えた場合でも、セットアップ登録店でのセットアップ作業が必要となるので注意が必要です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事