ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ETC平日朝夕割引が実は渋滞の原因になっていた

ETC限定の高速料金割引のうち、ETCマイレージ会員向けの「平日朝夕割引」は、東京・大阪近郊が対象外で、走行回数が増えるほど還元率がアップするなど、渋滞の少ない郊外での通勤利用を想定した割引となっています。ところが、国土交通省の資料によると、一部地域では平日朝夕割引のせいで渋滞が多発しているのです。


ETC平日朝夕割引が実は渋滞の原因になっていた

ETC平日朝夕割引はマイレージ会員向け

ETC限定の割引サービスのうち「平日朝夕割引」はETCマイレージ会員向けにNEXCO3社と本四高速が実施するもの。平日の6~9時・17~20時の走行について、毎月の走行回数に応じて通行料金を還元します。NEXCO3社の場合、還元率は月5~9回の場合は30%、10回以上は50%で、100kmまでの走行分が対象です。

また、NEXCO3社の平日朝夕割引は東京・大阪付近の大都市近郊区間は対象外。例えば、東京IC~御殿場ICを走行した場合、東京IC~厚木ICが大都市近郊区間にあたるため、厚木IC~御殿場IC分が平日朝夕割引の還元対象で、30%の場合は440円、50%では740円が還元されます。

なお、本四高速の平日朝夕割引は、月10回以上の利用ではETC料金から現金料金の50%を引いた金額、5~9回利用ではさらにその60%が還元額となります。これは、本四高速のETC利用がすでに割引になっているための措置で、ETC料金が現金料金の50%以下の場合、走行回数はカウントされるものの還元額はありません。

ETC平日朝夕割引で名古屋近郊の渋滞

平日でも渋滞が多い東京・大阪の大都市近郊区間が対象外であるうえ、100kmまでの走行が対象となっていることから、平日朝夕割引は渋滞が少ない郊外の自動車通勤に的を絞ったETC割引といえます。しかし、実は平日朝夕割引が渋滞の原因になっている区間もあるのです。

今年の3月、国土交通省が行った高速道路関連の審議会に、高速道路の各種割引に関する効果をまとめた資料が提出されました。資料によると、東名高速の上り線・名古屋IC→日進ICについては、朝の平日朝夕割引時間帯に渋滞が多発しているとのことで、会議内でも割引の見直しを検討すべきとの意見が出ていました。

ちなみに、名古屋IC~日進ICを含む名古屋近郊のNEXCO中日本路線は、2021年5月1日から大都市近郊区間に設定され、通行料金が値上げされたものの、平日朝夕割引はそのまま適用されています。今後も名古屋圏で平日朝夕割引が続くのか、あるいは対象路線が見直されるのか、引き続き要注目です。

■「ETC割引」おすすめ記事
ETC限定の「休日割引」は高速が最大50%オフ

■「ETC」おすすめ記事
ETCの履歴を盗み見る方法とその防衛策とは?
ETCポイントを車載器なしで貯める方法がある?
ETCを利用して高速が乗り放題になる方法がある
高速ETC深夜割引にSA内で泊まれるホテルを活用
ETC2.0は車載器が高い分のメリットはあるのか?

■「高速道路」おすすめ記事
高速道路は財布を忘れたら料金を後払いできる?
有料の高速道路になぜ無料区間が存在している?
高速道路の無料区間を有効活用しない手はない
交通機動隊と高速隊の取り締まり任務の違いとは

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事