ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

高速の渋滞情報をアプリで聞ける「みちラジ」

高速道路で気になることのひとつが「この先、渋滞にはまるかどうか」ということでしょう。そうしたドライバー向けに、渋滞が多い東名高速や中央道では、AMラジオで交通情報を放送しています。しかし、AMラジオを聞くためにはオーディオを切り替えなくてはならず不便。そこで活用したいのが、交通情報をスマホで聞くアプリです。


高速の渋滞情報をアプリで聞ける「みちラジ」

みちラジは交通情報をスマホに配信

レース用など特殊なケースを除けば、国内を走る自動車のほとんどがAM・FMラジオの受信機能を装備しています。そのため、NEXCO3社の高速道路路線では、路側帯に設置された送信所からAMラジオで交通情報を流すサービスが行われています。

交通情報が流れるAMラジオの周波数は、一般のラジオ放送では使われない1620kHzで全国的に統一されています。送信される区間が近づくと「ハイウェイラジオ 1620kHz ここから」といった道路標識で知らせる仕組みです。また、カーオーディオによっては、1620kHzの放送を聞くための専用ボタンも用意されています。

とはいえ、交通情報を聞くために、それまで楽しんでいたCDなどの音楽やラジオなどを一旦切り、入力モードをAMラジオ、周波数を1620kHzへ切り替えるのはちょっとした手間です。そこで活用したいのが、NEXCO中日本路線の交通情報をスマホ向けに配信するアプリ「みちラジ」です。

みちラジならラジオ切り替え必要なし

みちラジは、iOS・Android向けに配信されており、それぞれApp Store・Google Playストアから無料でダウンロード可能。アプリを起動中は、位置情報から最寄りの交通情報を自動的にネット経由でダウンロードして聞くことができます。

みちラジの便利な点が、出発前に起動しておけばその後はとくに操作が必要ないこと。カーナビなどで聞いている音楽やラジオ放送の切り替え操作をする必要もありません。交通情報を聞くための切り替え操作による「ながら運転」を防ぐ効果もあります。

さらに、位置情報から走行方向を判別して交通情報が提供されるため、上り線・下り線を同じ周波数で放送するAMラジオの半分の時間で交通情報を聞くことができるのです。また、AMラジオの交通情報は日本語のみですが、みちラジは多言語放送にも対応。日本語のほか英語・中国語・韓国語も選択できます。

なお、みちラジによる交通情報が提供されているのは現在のところ東京IC~御殿場JCT・海老名南JCT~伊勢原JCT・高井戸IC~大月JCT・海老名南JCT~八王子JCTと首都圏路線限定です。NEXCO中日本によると対象路線は今後、順次拡大予定といいます。

■「高速道路」おすすめ記事
高速道路の無料区間を有効活用しない手はない
交通機動隊と高速隊の取り締まり任務の違いとは
ETCの履歴を盗み見る方法とその防衛策とは?
ETCポイントを車載器なしでゲットする方法

■「カーセキュリティ」おすすめ記事
ハイエース盗難に使われる手口とその対策とは?
自動車の盗難被害1位プリウスの手口と対策は?
Nシステムは通行車両のナンバープレートを撮影
イモビカッターで狙われるプリウス盗難の手口
イモビライザーの専用キーは簡単に複製できる!?
クルマ盗難手口「リレーアタック」仕組みと対策

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。