ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

年会費が激安のプラチナカードは本当にお得か?

「平日は都心の高級レストランで食事をし、休日には高級旅館・ホテルへ出かける」…プラチナカードはこうしたお金持ち向けのサービスが充実していて、その分年会費は数万円以上が普通です。ところが、年会費3000円という激安のプラチナカードも存在。はたして、激安プラチナカードのサービスはどの程度充実しているのでしょうか。


年会費が激安のプラチナカードは本当にお得か?

年会費・条件が低いプラチナカード

三井住友トラストクラブが発行するクレジットカード「TRUST CLUBプラチナマスターカード」(プラチナマスターカード)は、プラチナカードでありながら年会費が3300円と非常に安い設定。入会条件のハードルも低く、22歳以上で年収200万円以上が目安となっています。

年会費・入会条件とも低いプラチナマスターカードですが、MasterCardのグレードでは立派なプラチナ扱いで、MasterCardの上級会員向けサービス「Taste of Premium」を受けることも可能。Taste of Premiumのサービスにはさまざまありますが、おトク度が高いのが「ダイニング by 招待日和」です。

ダイニング by 招待日和は、MasterCardと招待日和が提携して行うレストラン優待プラン。対象レストランの指定コースを、専用Webサイトから2人以上で予約すると1人分が無料となります。指定コースは1人1万円以上がほとんどで、1回利用すればプラチナマスターカードの年会費分の元がとれてしまいます。

国際線ランジが無料のプラチナカード

一方、年会費が数万円する他のプラチナカードと異なり、プラチナマスターカードの利用限度額は30万~100万円と低い設定です。これでは高級レストランを頻繁に利用するとすぐ利用限度額に達してしまうため、プラチナマスターカードは「お試し」的な位置づけといえるでしょう。

楽天カードが発行する「楽天プレミアムカード」も、位置づけ的にはプラチナカードながら、年会費が1万1000円と比較的安いカードです。楽天プレミアムカード最大のメリットは、世界1300か所以上の国際線ラウンジが無料で利用可能な「プライオリティ・パス」が自動付帯する点にあります。

このため、毎月何か国も出張で飛び回る海外駐在員の間では、楽天プレミアムカードは必須アイテムと言われていました。しかし、全世界的に国境をまたぐ移動が厳しく規制されている現状では、プライオリティ・パス自動付帯のメリットは薄れているといえるかもしれません。

とはいえ、楽天プレミアムカードのメリットは残っており、それは楽天市場での利用でポイントアップが100円につき4ポイント受けられる点です。ポイントアップ分のうち、3ポイントは期間限定となるものの、毎月1万5000ポイントまで期間限定ボーナスポイントが手に入ります。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事