ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

「三井ショッピングパークカード」本当にお得?

首都圏と関西圏を中心に展開する「ららぽーと」は、駅近で駐車場が充実した立地のところが多く、電車派・マイカー派ともに利用しやすいショッピングモールとなっています。そのららぽーとのほか、郊外型の「三井アウトレットパーク」などでポイントがお得に貯まるクレジットカードが「三井ショッピングパークカード」です。


「三井ショッピングパークカード」本当にお得?

三井ショッピングパークカード年会費

「三井ショッピングパークカード」は、三井不動産グループとクレディセゾンが提携して発行するクレジットカードで、年会費は無料です(旅行保険傷害付きのプレミアムカードは3300円)。国際ブランドは、VISA・MasterCard・JCB・AMEXから選択可能で、とくにAMEXに関しては数少ない年会費無料で発行できるカードとなっています。

三井ショッピングパークカード最大の特徴は、三井不動産グループが展開するショッピングモールでポイントが貯めやすくなることです。元々、三井不動産グループには、500ポイントを500円分としてレジ支払いで利用できる「三井ショッピングパークポイント」というプログラムがありますが、クレジットカード会員になると100円につき1ポイントから100円につき2ポイントと2倍になります。

三井不動産グループのショッピングモールは「ららぽーと」「三井アウトレットパーク」のほか、東京都心にある「東京ミッドタウン」「コレド日本橋」などが存在。三井ショッピングパークカードは、郊外派だけでなく都心でショッピングをする人もポイントが貯めやすいカードといえます。

三井ショッピングパークポイント交換

三井ショッピングパークカードは、三井ショッピングパークポイントのほか、セゾンカードのポイントプログラム「永久不滅ポイント」も1000円につき1ポイント貯まる仕組み。貯まった永久不滅ポイントは、三井ショッピングパークポイントへ交換して利用するのがお得な活用法で、この場合の還元率は0.5%です。

また、三井ショッピングパークポイントでは、会員登録することで三井不動産グループの年間利用額に応じた特典を受けられるシステムを2021年4月からスタート。2021年4月~2022年3月の利用金額が10万円以上に達すると、2022年夏以降に行われる特別ポイントアップセールへ参加可能です。

さらに、三井不動産グループの年間利用額が同期間内で30万円を超えるとボーナスポイントも追加予定。このボーナスポイントは、30万円以上で3000ポイント、40万円以上で4000ポイントといった設定になっていて、最大の還元率は1%となります。

■「クレジットカード」おすすめ記事
楽天の家族カードなら小額ポイントが合算できる
ダミーのクレジットカード番号が入手できる!
飛行機の遅延補償はクレジットカードを活用
Vプリカは使い方次第で半永久的にタダ見できる
Vプリカは使い方次第でクレカ番号ジェネレータ
今すぐ「イオンSuicaカード」を見直すべき理由
エポスゴールドカードの招待を断ると大損な理由
デビットカードでモバイルSuicaチャージの裏技
「au PAYゴールドカード」年会費の元を取る方法

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事