ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

コンビニ「パックおでん」はセブンよりファミマ

コンビニの定番商品といえばレジ横の「おでん」でしょう。とはいえ、コロナ対策の影響もあって各社が力を入れているのが「パックおでん」です。そこで、コンビニ各チェーンで販売されているパックおでんの中身を徹底検証。それぞれの具材の重量を調べて、総重量に占める具材の割合を算出。コンビニのパックおでんのコスパを比較しました。


コンビニ「パックおでん」はセブンよりファミマ

セブンのパックおでんは高めの価格

セブンのパックおでんは、その名も「セブン-イレブンのおでん」(438円)です。具材はちくは41g、たまご49g、大根37g、がんも33g、しらたき34gで、総重量が368gのところ具材の量は194gでした。具材の割合は「53%」です。

セブンは高めの価格帯でタネ数も絞った高級路線のパックおでん。ただし、具材自体はそれほど大きいわけではなく、大根に至っては半分にカットされていました。

ファミリーマートのパックおでんは「和風だし香る 8品目のおでん」(213円)です。具材はたまご41g、ちくわ39g、大根61g、しらたき19g、こんにゃく36g、さつま揚げ30g、鶏つくね24g、昆布6gという内容。総重量が524gのところ具材の量は256gでした。具材の割合は「49%」です。

ローソンのパックおでんにごぼう巻き

ファミリーマートのパックおでんは総重量では2番手ですが、タネ数は8点もあり具材の重さは1位。ハーフカットされた食材はなく、鶏つくねなど凝ったタネも入っているのが特徴でしょう。

ローソンのパックおでんは「かつおだしがよく染みています おでん」(208円)です。具材はたまご40g、ちくわ21g、大根44g、こんにゃく37g、さつま揚げ25g、昆布13g、ごぼう巻き60gという内容。総重量が563gのところ具材の量が240gとなっていて、具材の割合は「43%」です。

ダシを含めた総重量はトップで、他にはないごぼう巻きが入っている点が特徴。ちくわが半分にカットされているのが残念ですが、具材1gあたりの価格は良好な数値となっています。

■「コンビニ」おすすめ記事
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
コンビニは店舗数も売上もセブンが圧倒的な1位
セブンイレブンの宅配は弁当1個でオーダー可能
セブンイレブンフェアの700円くじを当てる方法
コンビニWi-Fiの“飛び”はどこが1番かを検証
家族にバレずに宅配便の荷物を受け取る方法3つ
コンビニのサンドイッチはファミマが具だくさん
コンビニサンドイッチをコスパで選ぶならどれ?
コンビニ「肉まん」で肉の量が多いのはセブン
コンビニおにぎりは具材ごとおすすめ店舗が違う

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事