ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

JR特急の「乗継割引」お得に日帰り旅行を楽しむ

JR各社が在来線で走らせている特急の料金には、「乗継割引」という仕組みが用意されています。これは、新幹線と在来線特急を乗り継ぐと在来線の特急料金が割引になるもので、新幹線のない場所へ出かけるときにありがたいサービスです。ところが、実は新幹線が走っている場所同士であっても、乗継割引でおトクになることがあるのです。


JR特急の「乗継割引」お得に日帰り旅行を楽しむ

新幹線と特急の乗継割引で半額になる

JR各社の特急には、国鉄時代から「乗継割引」という特急料金の割引制度がありました。これは、特急を当日に乗り継ぐ場合、片方の特急料金が半額になるというもので、現在も新幹線または寝台特急と在来線特急を当日乗り継ぐと、在来線特急料金が半額になるという形で残っています。

2020年12月現在、乗継割引の対象となる乗換駅は、東海道・山陽新幹線の新横浜駅~新下関駅と新函館北斗駅・新青森駅・長岡駅・新潟駅・金沢駅です。さらに、新大阪駅と大阪駅、岡山駅と坂出駅・高松駅については離れていても乗継割引対象です。

また、上越妙高駅で新潟方面の在来線特急に乗り換えた場合や、金沢駅で和倉温泉駅方面の在来線特急へ乗り換えた場合も、間にJR以外の路線が入るものの、JR線部分の特急料金については乗継割引の適用となります。そして、寝台特急と在来線特急の乗り継ぎでは「サンライズ瀬戸」の坂出駅・高松駅での乗り換えが割引対象です。

片道新幹線の往復でも特急が乗継割引

JR特急の乗継割引は本来、静岡駅から名古屋駅経由で高山線方面へ行くといった具合に、新幹線路線がないところへの移動のために設定されているものです。しかし、東海道・山陽新幹線については新幹線と並行在来線特急を組み合わせることで、お得になるケースも存在します。

例えば、東京駅~熱海駅を日帰りで往復する場合、行きは新幹線に乗って帰りは在来線特急「踊り子」へ乗車する、あるいは行きは踊り子利用で帰りは新幹線といった利用では。踊り子の特急料金は乗継割引となり、普通車指定席が1890円(通常期)のところが940円で済みます。

東京駅~熱海駅の新幹線料金は普通車指定席で2290円(通常期)のため、新幹線と踊り子を組みあわせた往復特急料金は3230円。往復とも踊り子利用の場合は3870円となるのに対し、新幹線+踊り子の方が600円以上割安となるのです。このような組み合わせは、ほかにも名古屋駅~米原駅・京都駅~新大阪駅間などに存在します。

なお、同じように熱海駅で乗り継げる特急のなかでも、全席グリーン車の豪華特急「サフィール踊り子」は乗継割引の対象外です。踊り子についても、2021年3月のダイヤ改正後は小田原駅や熱海駅での乗り継ぎは割引対象外となる予定なので、チャレンジするのであれば今のうちということになります。

■「キップ」おすすめ記事
青春18きっぷ「一回分残し」で売るとお得な理由
青春18きっぷで「グリーン車」を乗り継ぐ裏ワザ
「青春18きっぷ」ならぬ「青春50きっぷ」とは
JRのお得な切符の買い方!分割購入で安くする!!
北海道フリーパスなら特急列車全制覇も達成可能
キセル乗車の一団が一網打尽となった手口とは?

■「新幹線」おすすめ記事
新幹線自由席は偶数号車に並べば座れる確率アップ
Suicaで新幹線に乗る方法はどれが一番おトク?
新幹線自由席で座れる確率をアップする方法とは
アイドルファン同士による新幹線キセル乗車の手口

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事