ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗聴器発見に知っておきたい無線式と有線式の違い

盗聴器発見のためには盗聴器の種類を知らなければなりません。盗聴器は大きく、無線式と有線式に分けられます。盗聴音声を電波で飛ばす無線式盗聴器は、もっとも発見されることの多い盗聴器。逆に有線式盗聴器は、手間はかかるものの見つけずらいという特徴があります。



スポンサーリンク
盗聴器発見に知っておきたい無線式と有線式の違い

最も発見されるのが無線式盗聴器

さまざまな場所で盗聴器が発見されていますが、最も発見されることが多いのが無線式盗聴器です。理由は、1度仕掛ければ、電池が持つ限り電波を発射し続けること。AC電源を利用したタイプの盗聴器なら、故障しない限り半永久的に電波を発射し続けます。

このため、盗聴器を仕掛けた側はその場所の周辺100~200mくらいに行けば広帯域受信機などで盗聴音声を聞くことが可能。無線式盗聴器を仕掛けられれば、あとは安全に盗み聞きできてしまうからです。

ただし、盗聴器から出る電波は基本的に広帯域受信機で誰でも受信して聞けるもの。盗聴器の電波から盗聴器が仕掛けられていることが発見されます。また、一定の受信の知識があれば、盗聴器が仕掛けられているかを個人で調べることも可能です。

有線式盗聴器は受信機で発見できない

一方の有線式盗聴器は、無線式と違って広帯域受信機や盗聴発見器では発見することができません。探そうと思ったら、仕掛けられていそうな場所を1つ1つ、目視で確認していく必要があるのです。

そこで気になるのが、有線式盗聴器にはどんなものがあるのかということ。有線式盗聴器の定義は、電波を使わずに本体ないし、本体に付属した録音機器に盗聴音声を保存するものになります。

そして、録音機器となるICレコーダーが発達したことで、実に様々なバリエーションを見せているのが現状。一昔前なら、テープレコーダーなどに記録していたため見つけやすかったものが、いまでは小型化が進んでいて見つけるのが困難になっているのです。この情報は『ラジオライフ別冊』に掲載されていました。

■「盗聴器発見」おすすめ記事
盗聴器発見のプロが語るアナログ盗聴の現在
盗聴器発見のプロは家族の盗聴が増えると予測
盗聴器発見の最終段階はアンテナ感度を下げる
盗聴器が発見される場所を知っていて損はない
盗聴器が発見されるラブホテルの注意ポイント
DJ-X81の盗聴器発見機能を実際に使ってみた
盗聴器の発見方法はハンディ受信機のスキャン
盗聴器を発見したら左折して発信場所を絞り込む

■「盗聴器」おすすめ記事
盗聴器の種類は電源方式で3つに分けられる
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事