ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

千円ちょいで買えるコンクリートマイクの集音力

壁の向こうの音をキャッチできるのがコンクリートマイク。集音マイク部にはコンタクトピンが設置され、そこから隣室の音をクリアにピックアップする仕組みです。コンクリートマイクは入門機で1万円台、高級機になると10万円近くする電子機器。そんなコンクリートマイクがわずが千円ちょいで購入可能です。


スポンサーリンク
千円ちょいで買えるコンクリートマイクの集音力

本体と一体型のコンクリートマイク

コンクリートマイクとは、壁から伝わった振動を集音マイクで検知する装置です。音声は壁に当たると、振動が壁に伝わります。それを集音マイク拾い上げて増幅し、音声化しています。

コンクリートマイクは、原理的には壁に耳を当てて隣室の音を聞くのと同じ。このため、電波を発信する盗聴器のように発見されることもありません。入門機でも1万円はするのが通常です。

COM-SHOTのコンクリートマイク「FS-WLD100」は実勢価格が1,540円と安価なのが魅力。一般的にコンクリートマイクはコンタクトマイクと本体が別々になっていますが、この製品は一体型です。

コンクリートマイクを壁に押し当て

壁に本体底面のコンタクトマイクを密着させると、空気の振動が伝わって向こう側の音が聞けるというわけ。ミニプラグ付きのステレオコードでICレコーダーに音声を録音することもできます。

実際にコンクリートマイクの使い方を見ていきましょう。まずは本体のスイッチをひねって電源をオン。音量も同時に調整します。本体底面のコンタクトマイクを壁に押し当てると、反響した音をイヤホンで聞けるのです。

コンクリートマイクの電源はUSB5Vによる充電式となっています。付属品はミニUSBケーブルとイヤホン。本体とイヤホンがあれば使えるシンプルな設計となっています。サイズ/重さは36φ×55H/30gです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事