ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Hシステムの前期モデルと後期モデルの見分け方

白く正方形のはんぺん型アンテナが目印の速度取り締まり装置が「Hシステム」です。赤外線ストロボとCCDカメラはアンテナ両サイドに設置されています。Hシステムは本体の前に、警告用の電子掲示板が設置されているのがポイント。車速を事前に測り、速度を超過した車両に一度警告を行います。



スポンサーリンク
Hシステムの前期モデルと後期モデルの見分け方

Hシステムには2タイプが存在

正方形の白い“はんぺんアンテナ”が特徴の「Hシステム」は1992年に登場したレーダー波を使ったオービスです。製造メーカーは三菱電機で、正式名称は「高速走行抑止システム」といいます。

Hシステム本体は赤外線ストロボ、はんぺんアンテナ、CCDカメラでワンセット。レーダー波はレーダー式オービスと異なり、断続的に発射されているのが特徴です。CCDカメラで撮影した写真は警察署や高速隊本部に伝送されます。

Hシステムには前期モデルと後期モデルの2タイプが存在。赤外線ストロボよりもCCDカメラが小さいのは後期モデルで、計測性能が向上しています。赤外線ストロボとCCDカメラのサイズがほぼ同じであれば前期モデルです。

Hシステムは速度超過を一度警告

Hシステムは本体レーダー部の前に、警告用の電子掲示板が設置されているのも特徴です。13.410GHzの電波で簡易測定を行って、速度超過車両に一度警告。そして、はんぺんアンテナで10.525GHzの電波を使って計測するのです。

ただし、メーカーは2008年にオービス部門から撤退しており、現在はメンテナンスと裁判関係をサポートしているのみ。このためHシステムが今後、増えることはありません。

Hシステムはレーダー式オービスと同様に、ループコイル式への置換が増えていますが、北海道など雪国ではまだまだ主力です。なお、“H”は“阪神”が由来。関西地方には、変わった形状のタイプが生息しています。

■「Hシステム」おすすめ記事
Hシステム見極めポイント「はんぺんアンテナ」

■「オービス」おすすめ記事
オービスはGPSレーダー探知機じゃないと無理
新東名のオービスの遭遇ポイントをチェック!
オービスは4種類!自動取り締まり機の基礎知識
速度違反を無人で取り締まるオービス徹底解説
ループコイル式オービスを目視確認するのは困難
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
新型オービスの登場で変わる速度取り締まり対策
オービス検知アプリは新型オービスにもすぐ対応

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事