ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察の特殊部隊「SIT」と「SAT」の違いとは

警察の特集部隊といえば「SIT」や「SAT」という言葉を聞いたことがあるはず。はたして、両者にはどのような違いがあるのでしょう? SITは人質の身の安全が重要ですが、SATは犯罪組織の制圧が役割。同じ警察の特殊部隊でもSATのほうが、高性能の銃器を装備しているのです。


スポンサーリンク
警察の特殊部隊「SIT」と「SAT」の違いとは

SITの目的は人質の安全と救出

第一特殊犯捜査、略称「SIT」は、捜査一課の所属。警視庁のSITは、人質たてこもりや誘拐事件を担当する「特殊犯捜査第1係」と電話や文書による恐喝・脅迫を担当する「特殊犯第2係」、業務上過失事件を取り扱う「特殊犯捜査第3係」、それ以外の特殊なケースを扱う第二特殊犯捜査の「特殊犯捜査第4係」に分けられます。

SITの名称は各本部によって違う場合があり、大阪府警では「MAAT(マート)」と呼ばれています。SITには銃撃戦もいとわない強行突入というイメージがありますが、その目的はあくまでも人質の安全と救出、そして犯人の逮捕です。

それゆえ、通信機器を駆使して犯人の情報を仕入れつつ、交渉・説得するという役目が重要となります。その説得の任務を専門にするのがネゴシエイターという交渉役の存在です。

特殊部隊で混同されやすいSAT

SITと同じ特殊部隊ながら混同されやすいのがSAT。SITとSATOの役割と目的は、大きく違っています。SITは人質の身の安全が大前提ですが、一方のSATは「警備部」の所属で、テロリストをはじめとする犯罪組織の制圧がその役目です。

場合によっては説得や交渉を省いた狙撃も可能で、そのために機関銃や狙撃用ライフルといった高性能の銃器を装備。防弾ヘルメットや防弾ベストなどの装備も充実しています。

つまりSITにとって突入と狙撃は最終手段ですが、SATの場合は最初から火力による犯人とその組織の制圧と殲滅を目的とした部隊だといえるのです。警視庁をはじめ、北海道警、千葉県警、神奈川県警、愛知県警、大阪府警、福岡県警、沖縄県警に設置されています。

■「特殊部隊」おすすめ記事
警察の特殊部隊には「SAT」と「SIT」がある
捜査一課の特殊部隊「SIT」の由来はローマ字
警察の特殊部隊「SAT」は高性能の銃器を装備
特殊部隊の装備として採用されている自動拳銃
狙撃銃として特殊部隊が採用している豊和工業

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止違反は苦手!?注意だけの警察官が増加中
警察用語では拳銃はチャカではなく腰道具と呼ぶ
公安警察はデモや集会に私服で必ず張っている

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事