ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

歩き方で犯人を特定する「歩容鑑定」のすべて

テクノロジーの発展に合わせて警察の捜査手法も進歩しています。そして、いま脚光を浴びているのが「歩容鑑定」です。なんと歩き方で犯人を特定する鑑定手法。すでに数々の事件を解決に導いています。歩き方で犯人を特定する歩容鑑定について、詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
歩き方で犯人を特定する「歩容鑑定」のすべて

歩き方をカギに人物を特定する

歩容鑑定とは「歩き方」(歩容)をカギに、人物を特定する鑑定手法。八木康史・大阪大学産業科学研究所所長の研究成果によるものです。

容疑者が歩く時の腕の振りや歩幅、姿勢、動きの非対称性などを数値化し、個人を推定します。たった2歩分の映像があれば鑑定可能といいますから驚きです。

歩容鑑定は2009年に発生した奈良県での放火事件を皮切りに、数々の事件を解決に導いています。さらに八木教授らは世界初の歩容鑑定システムを発表済みです。

歩き方にどれくらい個性が出る?

現在、科学捜査研究所がシステムの実務評価を行っているところ。もし採用されれば、歩容鑑定が専門家でなくとも可能になり、指紋捜査並みのスタンダードな捜査手法として定着するとみられます。

実際、歩き方にどれくらい個性が出るのでしょう? 実際に歩容認証技術の企画展で歩き方を解析してみました。その方法は簡単で、歩行路を数回往復するだけです。

グリーンバックの通路を行ったり来たりする様子を定点カメラが撮影します。歩行のシルエットから、腕の振りや背筋の伸び、歩幅など8種類の要素を計測し、“歩行年齢”まで出してくれました。この情報は『ラジオライフ』2016年2月号に掲載されていました。

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止違反は苦手!?注意だけの警察官が増加中
警察用語では拳銃はチャカではなく腰道具と呼ぶ
警察用語でやどは留置場で別荘は刑務所のこと
公安警察はデモや集会に私服で必ず張っている

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。