ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneカメラを光学12倍の望遠レンズにする

iPhoneのカメラはどんどん高機能になっていきますが、ズーム機能はイマイチ。遠くの被写体をiPhoneカメラで撮影するにはデジタルズームに頼るしかありません。そんなときに使いたいのがiPhoneカメラで望遠が楽しめるクリップ式スマホ用レンズ。ほかのスマホ端末でも利用可能です。



スポンサーリンク
iPhoneカメラを光学12倍の望遠レンズにする

iPhoneカメラへの取り付けは簡単

iPhoneをはじめとするスマホカメラは優秀ですが、ズームが弱点。基本的にはどのスマホもデジタルズームなので、遠くの被写体をキレイに押さえられません。

そこで使いたいのが「CLIPTEL2」。光学12倍のクリップ型レンズで、iPhoneのカメラに簡単に取り付けられます。

装着方法はiPhoneカメラのレンズ部分にクリップで挟むだけでOK。端末を選ばず使用できます。あとはフォーカスリングで、ピントを調整すれば撮影可能です。

iPhoneカメラで光学12倍ズーム

実際にiPhoneカメラで光学12倍レンズのズーム撮影してみると、遠くにある看板の文字もくっきり撮影が可能。デジタルズームのように画像が粗くなることがありません。

サイズはレンズ部分が30W×30H×95Dmm、クリップ部分が40W×65H×20Dmmで、重さは150gです。実勢価格は2,980円となっています。

iPhoneカメラを望遠にするレンズの対応端末は、厚さ25mm以下、機器の外周からレンズ中心までの長さが25mm程度までのスマホ・タブレットになります。この情報は『ラジオライフ』2016年5月号に掲載されていました。

■「iPhoneカメラ」おすすめ記事
無音カメラはiPhoneならマナーカメラが定番
iPhoneのカメラ機能が大幅アップするアプリ
iPhoneのカメラ機能を監視に使う裏ワザアプリ
無音カメラでiPhoneカメラ機能をパワーアップ
iPhone6sのカメラをコンデジ並みに機能アップ

■「iPhone」おすすめ記事
iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違っていた
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone浮気調査!恋人の着信履歴を自分の端末で!?
iPhoneを自動録音アプリで盗聴器にする方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事