ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LINEで既読にならないメッセージの確認方法とは

LINEはメッセージを読むと相手に既読の通知が届く仕組み。このため「すぐに返信しなくては」とプレッシャーを感じてしまう人も多いでしょう。そこで、LINEで既読にならないメッセージの確認方法を紹介しましょう。スマホの通知機能を利用すると、既読にならないでメッセージが確認できます。


スポンサーリンク
LINEで既読にならないメッセージの確認方法とは

LINEで既読にならない確認方法

さっそく、LINEで既読にならないメッセージの確認方法を紹介しましょう。iPhoneであれば「通知」を利用してメッセージを読むのが1番簡単。LINEの設定で通知をオンにしておけばOKです。

これでiPhoneのロック画面や通知センターに、メッセージのプレビューが並んで表示されます。通知でメッセージのプレビューを読む分には既読になりません。iPhoneはiOS標準機能で、既読にならないでメッセージを確認できるのです。

さらにiPhone6s以降は「Peek機能」を使えば既読にならないでメッセージを確認できます。Peek機能とは「軽く押し込む」という操作。LINEのトークルームでPeekすると、既読にならないでメッセージを読めます。

LINEが既読にならない機内モード

Androidでは、通知が一覧表示されないので確認しにくいのが難点。そこで、Androidはアプリで通知をまとめると読みやすいでしょう。「ちらみ」を導入すれば通知をまとめてくれるため、既読にならないメッセージが読みやすくなります。

なお、iPhoneもAndroidも共通で使えるのが機内モードを利用した、LINEで既読にならないメッセージの確認方法です。すべての通信を遮断すれば、トークルームを開いても既読が付かないのです。

ただし、メッセージの確認後にはLINEを完全終了することを忘れてはいけません。完全終了しないと、機内モードを解除したとたんに既読が付いてしまいます。完全終了しておけば、次にLINEを起動するまで既読にはなりません。(文/中谷仁)

■「LINE既読にならない」おすすめ記事
LINEで既読をつけないでメッセージを読む方法
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴

■「LINE」おすすめ記事
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
LINEふるふる機能で知らない人と知り合う
LINEトークをiPadから盗聴する方法とは
LINEのセキュリティを上げるための6つの設定
LINEは設定を間違えると情報が垂れ流しになる
LINEのトーク復元機能はAndroid版だけに実装
LINEのトーク履歴をPCでチェックする方法とは

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事