ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

海外SIMでLINEのID検索ができるかを検証した

海外スマホと海外SIMカードの組み合わせで、LINEがどこまで使えるかを検証しました。中国聯通香港の「跨境王」、エストニアの「トラベルSIM」、台湾の「中華電信」の3種類の海外SIMカードを比較します。その結果、跨境王とトラベルSIMは年齢認証なしで、LINEのID検索ができました。



スポンサーリンク
海外SIMでLINEのID検索ができるかを検証した

海外SIMでLINEのID検索ができた

そもそもLINEでID検索するには、年齢認証という手続きが必要です。NTTドコモ、au、ソフトバンクのSIMカードの場合、年齢確認は契約内容と照合される仕組みになっています。

これが日本の格安SIMカードの場合、キャリアの契約内容との照合が利用できません。このため、日本の格安SIMでLINEのID検索をするには、ちょっとした工夫が必要なのです。

ところが、海外SIMの跨境王とトラベルSIMは年齢認証なしで、LINEのID検索ができてしまいました。適当なIDを入れて、友だちの追加が可能です。

海外SIMでLINEで2つのアカウント

跨境王は実勢価格1,880円。中国本土と香港用に、2つの電話番号が付属する海外SIMカード。年齢認証なしでLINEのID検索ができるだけでなく、LINEで2つのアカウントが作れます。

トラベルSIMはデータ通信専用版の実勢価格が1,944円。登録なしで海外の電話番号がもらえる海外SIMカードです。こちらも年齢認証なしでLINEのID検索ができました。

中華電信は実勢価格2,980円。台湾の電話会社の通話と3G/LTE通信ができるSIMカードです。ただし、台湾でしか開通手続きができず、LINEに登録することはできませんでした。この情報は『ラジオライフ』2016年7月号に掲載されていました。

■「SIM」おすすめ記事
格安スマホはSIMフリー端末でなくても利用可能
格安SIMのおすすめポイントをしっかり理解する
スマホもタブレットも使える格安SIMお得プラン
ドコモを格安スマホにすると月5千円も安くなる
格安SIMにおすすめのスマホ端末はこの5機種!
格安SIMおすすめプランで年間6万円以上浮く!
格安SIMおすすめは家族割!さらに安く使える
格安SIMは還元されるポイントで選ぶ手もある

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事