ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

TPZ-D553は第2世代デジ簡登録局機の最新モデル

第2世代への世代交代が進まなかった最大の要因が、デジタル簡易無線登録局の最大送信出力・5Wをマークするトップモデルが、存在しなかったから。2016年1月に八重洲無線の「VXD1」が登場するも1W機でした。そこに登場した第2世代機の最新トップモデルが「TPZ-D553」です。



スポンサーリンク
TPZ-D553は第2世代デジ簡登録局機の最新モデル

TPZ-D553の基板は1枚で構成される

「コンパクト機は1Wが限界か」と思われていたところに現れたのが、JVCケンウッドの「TPZ-D553」。コンパクト5W機の登場で第2世代の幕が開けたのです。実勢価格は39,800円となっています。

TPZ-D553のサイズは56W×92H×24.6Dmmで、重さは222g。そのコンパクトさを実現した秘密は、アマチュア無線機とは違う業務機の基板設計です。

じつは、TPZ-D553の基板は1枚で構成されています。1枚基板と聞いて、ディスプレイやボタンが配置される基板がもう1枚あるのでは…と思う人も多いでしょう。しかし、41W×8Hmmのボタン用の細長い基板があるだけです。

TPZ-D553の基板には空き地がある

ディスプレイはボタン基板と一緒にプラフレームに取り付けられ、基板はありません。TPZ-D553は1枚基板と呼んでも差し支えない構造になっています。

また、TPZ-D553のAF基板面には部品が配置されていない広い“空き地”が数か所あります。これは部品配置に余裕があるのではなく、基板の上にスピーカーやマイク、ディスプレイの留め具などが迫り出してくるためです。

それらをクリアするために、部品が置けない“空き地”が生じているのです。これはボディを0.1mmでも薄くするため。TPZ-D553の基板設計のシビアさが見られる部分です。

■「TPZ-D553」おすすめ記事
TPZ-D553は防水構造とバッテリーを見直した
TPZ-D553が採用したアンテナ接栓とセカンドPTT

■「デジタル簡易無線登録局」おすすめ記事
デジタル簡易無線登録局は第2世代に突入した
デジタル簡易無線登録局を始める手続きと費用
ケロケロ音が減少したデジタル簡易無線登録局機
デジタル簡易無線の包括申請は意外に簡単だった
デジタル簡易無線が1枚基板に集約できた理由
デジタル簡易無線で5W送信と小型化を両立した
デジタル簡易無線で忘れてならない開設届の提出
VHF帯エアーバンドにデジ簡登録局用アンテナ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事