ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

写真の撮り方を伝授!一眼レフ初心者を脱出セヨ

エントリークラスの一眼レフは現在、小型軽量化され、価格も手頃なものが増えてきています。数十万円するプロ用の一眼レフと基本的な構造や機能は一緒なので、画質の差は以前ほど大きくありません。そこで、一眼レフ初心者でもすぐ使える乗り物写真の撮り方を紹介しましょう。



スポンサーリンク
船の写真の撮り方

走っている船は波しぶきが動きを表現するのが写真の撮り方のポイント。シャッタースピードを上げてしぶきを止めるだけでなく、スローシャッターで動きを出す方法もあります。

電車の写真の撮り方

暗くなったら電車が走行する光跡を活かした写真にもチャレンジしてみましょう。三脚がなくてもテーブルや塀の縁など固定できる場所にカメラを置けばブレずに撮影できます。

車の写真の撮り方

なお、乗り物は斜め前から撮影するのが1番カッコイイ写真とされています。横7:前3の割合の撮り方が最もキレイだといわれ、俗にシチサンとも呼ばれているのです。

飛行機の写真の撮り方

離陸する飛行機の写真の場合、離陸位置と写る大きさを意識してズームの位置をある程度決めておくのが撮り方。離着陸数が多い大空港が、練習には最適です。この情報は『ラジオライフ』2015年7月号に掲載されていました。(写真・文/星智徳)

■「写真の撮り方」おすすめ記事
カメラレンズの種類を知って脱・一眼レフ初心者
一眼レフとミラーレスは動く被写体で差が出る
カメラ初心者は必見!基本スペックを理解しよう
手ぶれ補正の光学式とデジタル式の違いとは?
一眼レフ初心者が知っておくべき露出4ポイント
撮り鉄に学ぶ美しい鉄道写真を撮るポイント4つ
撮り鉄入門!駅撮で絶対守るべき4つの掟とは

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事