ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

TECSUNラジオのETM機能は旅先で威力を発揮する

「PL-310ET」の型番から察する通り、TECSUN「PL-310」がマイナーチェンジした小型ラジオ。基本性能を受け継ぎ、2013年に登場しました。最大の特徴は、旅先で威力を発揮するETM機能。受信可能な局を一括してスキャンして、受信した周波数をメモリーしてくれるのです。



スポンサーリンク
TECSUNラジオのETM機能は旅先で威力を発揮する

TECSUNのお家芸ともいえるETM

TECSUNの先代PL-310は2009年頃に登場し、最も早くDSPを搭載したモデルとして好評を得た機種。PL-310ETにマイナーチェンジするにあたり、実勢価格が1,000円ほど高くなりました。6,200円と今回比較した中では最も高価です。

値上がり分は、新たに搭載された、TECSUNのお家芸ともいえるETM機能。これはEasy TuningModeのことで、設定中のバンド内で受信可能な局を一括してスキャンし、受信周波数をETM単独のバンクにメモリーするものです。

スキャン後はメモリーを1つずつチェックしていけば、今聞こえる放送局が分かります。最近のTECSUNの主力には、ほぼ搭載されている機能で、旅先など受信条件が変わった場合に、威力を発揮してくれるでしょう。

TECSUNのラジオでもワンランク上

TECSUNのロングセラー機「PL-380」と比較すると、スピーカーの音質がやや上回る印象。また、AM選択度は5段階の切り替えが可能で、そのため小型ラジオの中でもワンランク上のポジションをキープしています。

ただし、ソフトミュート機能が常時オンに設定されているのが気になるところ。この機能は、デジタル処理を行うモデル特有のもので、キャッチした電波が弱い場合、自動的に音声出力を小さくしてノイズを和らげます。

近距離受信には適した機能ですが、弱い電波を狙う遠距離受信ではネガティブに働くかもしれません。この情報は『ラジオライフ』2016年6月号に掲載されていました。

■「TECSUN」おすすめ記事
ソニーのラジオを超えたTECSUN「PL-880」
携帯ラジオで買うべき1台は機能がないPL-380
TECSUNのロングセラー機は世界で人気のラジオ
TECSUNのBCLラジオはソニーと肩を並べる性能

■「携帯ラジオ」おすすめ記事
携帯ラジオでFM補完放送を楽しむおすすめ機種
携帯ラジオを買うなら中華ラジオがおすすめ

■「ラジオおすすめ」おすすめ記事
ラジオおすすめの1台はソニーのICF-M780N
ラジオ録音機能で選ぶおすすめの機種はこれだ
防災ラジオのおすすめは手回し充電のRF-TJ10

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事