ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

青春18きっぷで私鉄車両に乗る乗り鉄テクニック

「青春18きっぷ」はJR全線の普通列車と快速列車が1日乗り放題となる乗車券。通常は私鉄と第3セクターの車両には乗車できません。しかし、JR線への乗り入れ区間を利用すれば、キップを買わずに私鉄・第3セクターの車両に乗ることが可能。青春18キップの乗り鉄テクニックを紹介します。



スポンサーリンク
青春18きっぷで私鉄車両に乗る乗り鉄テクニック

青春18きっぷは私鉄に乗車できない

乗り放題キップといえば「青春18きっぷ」。春季と夏季、冬季限定で発売される、JR全線の普通列車と快速列車が1日乗り放題となる乗車券です。

青春18きっぷは5回分が1枚になって11,850円で販売されており、5回の利用でも5人の同時利用でも使えます。ただし、私鉄はもちろん、元JRや国鉄の路線だった第3セクターの路線には乗車できません。

通常は青春18きっぷとは別途、キップの購入が必要ですが、出費は抑えたいというのが本音。そこでキップを買わずに、私鉄と第3セクターの車両に乗る方法を紹介します。

青春18きっぷを乗り入れ区間で利用

それは青春18きっぷをJR線への乗り入れ区間で利用して乗車するテクニックです。私鉄と第3セクターの列車は、JR線の主要駅まで直通運転を行っているケースがあります。

ここはJRの区間なので青春18きっぷで、私鉄や第3セクターの車両に乗車できるのです。例えば、東京地下鉄05N系は、総武本線と中央本線の両線で乗車可能。非対称の貫通扉を備える東京地下鉄6000系は、常磐線で乗車できます。

乗り入れは日中の閑散時間よりも、朝と夕方のラッシュ時に多くなるので狙い目。私鉄と第3セクターの車両をタダ乗りしましょう! この情報は『ラジオライフ』2016年2月号に掲載されていました。

■「青春18きっぷ」おすすめ記事
青春18きっぷの使い方が北陸新幹線で難易度UP
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
北海道&東日本パスは青春18きっぷよりお得
青春18きっぷの使い方は第3セクター攻略がカギ
秋の乗り放題パスは青春18の3日間バージョン
青春18きっぷで新幹線をあえて使うワープ技とは

■「乗り鉄」おすすめ記事
乗り鉄が持つのは時刻表より乗り換え案内アプリ
時刻表はアプリと一緒に使うのが乗り鉄の常識

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事