ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

青春18きっぷにありがちな3セクのトラップとは

青春18きっぷは11,850円で5日間、JRの普通・快速列車に乗り放題になるお得なキップ。青春18きっぷ利用者は「18きっぱー」とも呼ばれ、お金をかけずに時間をかけた鉄道の旅のツールとして根強い人気を誇ります。そんな青春18きっぷにありがちな3セクのトラップとは何でしょう?



スポンサーリンク
青春18きっぷにありがちな3セクのトラップとは

青春18きっぷでのスルーは不可能

青春18きっぷで列車に乗っていると、気づかぬうちに第3セクターの路線に乗り入れてしまい、別途運賃を支払うことに…。それが3セクのトラップです。そんな青春18きっぷにありがちな3セクのトラップを紹介していきましょう。

まずは岩手県の盛岡駅~好摩駅。この区間はIGRいわて銀河鉄道です。花輪線が好摩駅から盛岡駅まで乗り入れているので、大館方面からの利用が陥りやすいパターン。運賃は650円で、盛岡駅ではIGRぎんが鉄道のホームに到着するため、青春18きっぷでのスルーは不可能です。

長野県の長野駅~豊野駅。長野駅から北に向かう旧信越本線は、しなの鉄道の北しなの線になっています。長野駅から直通している飯山線も、豊野駅までは北しなの線区間。ワンマンで検札もありませんが、250円の運賃をしっかり払いたいところです。

青春18きっぷシーズンは検札が厳しい

青春18きっぷのありがちな3セクのトラップが三重県の河原田駅~津駅です。名古屋方面から松阪方面に向かう時に便利な快速「みえ」。この列車は伊勢鉄道の区間を経由するため、別途該当区間の運賃(510円)を支払う必要があります。

青春18きっぷシーズンは車内検札も厳しくなっているため要注意。回避方法は関西本線の亀山駅で紀勢本線に乗り換えることです。

最後は高知県の若井駅~窪川駅。予土線と土讃線の間に1駅だけある、土佐くろしお鉄道中村線の区間です。徒歩(1時間)以外でパスできません。土讃線方面からの普通列車はすべて窪川駅で停車しますが、予土線からは全列車直通です。

検札がないことも多く、窪川駅でも改札内で乗り換えできるのでスルーしがちですが、窓口で210円を支払いましょう。この情報は『ラジオライフ』2016年5月号に掲載されていました。

■「青春18きっぷ」おすすめ記事
青春18きっぷの使い方が北陸新幹線で難易度UP
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
北海道&東日本パスは青春18きっぷよりお得
青春18きっぷの使い方は第3セクター攻略がカギ
秋の乗り放題パスは青春18の3日間バージョン
青春18きっぷで新幹線をあえて使うワープ技とは

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事