ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗聴器発見できるポケットラジオのような受信機

空港の展望デッキなど一般人の目が多い場所では、受信していることを周囲に悟られたくないもの。しかし、長いアンテナに黒いボディの受信機は、目立ってしまいます。そこで活躍するのが、ポケットラジオにしか見えないアルインコのハンディ受信機「DJ-X7」。しかも、盗聴器発見機能まで搭載しているのです。


スポンサーリンク
DJ-X7はポケットラジオのようなハンディ受信機

DJ-X7はポケットラジオに見える

「エアーバンドを聞きたいけれど、目立たないハンディ機を使いたい」と思う人は大勢いるでしょう。業務用無線機のボディを流用した大型のハンディ機はカッコいいのですが、人の多い空港では目立ち過ぎます。

受信マニアを長く続けていると、周囲に気づかれずにヒッソリと受信&操作できるようになりますが、ビギナーには難しいでしょう。隠れて操作すればするほど、周囲から見られているように感じてしまうものです。

そんな時に使いたい受信機が、ポケットラジオにしか見えないカードサイズ受信機、アルインコの「DJ-X7」です。ハンディ機を隠すことなく操作しても、ラジオをいじっているようにしか見えません。しかも、簡易盗聴器発見機能も付いています。

DJ-X7はイヤホンコードがアンテナ

カードサイズのDJ-X7は他の受信機とは明かに違うルックスが人気。薄さ14.5㎜は唯一無二の存在です。そして長いアンテナを使わずに電波をキャッチできるイヤホンアンテナ機能が、秘匿性をさらに高めています。

DJ-X7以外にも小型の受信機も発売されていますが、目立ってしまうのは長いアンテナがあるため。DJ-X7はイヤホンのコードをアンテナ代わりにすることで、長いアンテナを取り外せます。そのルックスは、まさにポケットラジオです。

ハンディ受信機を常識を覆すDJ-X7は、空港の展望デッキなどで人目を気にすることなくエアーバンドを楽しみたい人にオススメのハンディ機です。操作も簡単なので初めての人も安心して使えます。

■「盗聴器」おすすめ記事
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ
盗聴器から漏れてくる音声はどんな内容が多い?
盗聴器の発見方法はハンディ受信機のスキャン
盗聴器の調査はテレビをつけて時報を流してから
盗聴器の見つけ方がわかるセルフチェックの手順
盗聴器発見に知っておきたい無線式と有線式の違い
盗聴器発見器は3つのモードを使って追い詰める

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事