ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Amazonレビュー「やらせ」を星の数で見抜く方法

世界最大級のネットモール「Amazon」には、今現在も数多くのやらせレビュー業者が蔓延しています。業者側は、売上げのため自社商品の高評価レビューをお金で募集したり、商品を無料で提供。あるいは、身内にレビューを書かせ、不正に商品や店舗の評価を釣り上げているのです。


Amazonレビュー「やらせ」を星の数で見抜く方法

Amazonやらせレビューは評価が二極化

Amazon側もレビュー1件1件をAIで判断。怪しいレビューは削除したり、アカウント停止などの罰則で対策していますが、日々膨大な量が投稿されるため、こうしたやらせレビューを完全に失くすのは不可能でしょう。

このため、Amazonで本当に良い商品を購入するためには、自らの目でレビューの品質を見極めるしかないのです。そこで、Amazonレビューのやらせ行為を星の数で見抜くための最新ノウハウをレクチャーしましょう。

レビューが高評価の星5つと低評価の星1つで二極化しているアイテムは、やらせレビューの可能性が大。やらせレビューによる星5つと、実際に購入した人が本当のレビュー評価として星1つを付けているという証です。やらせレビュー行為に加え、商品自体の品質が悪いということを意味しています。

Amazonやらせレビューは件数が多い

カスタマーレビューが、星5つと星1つに二極化されている実例を見てみると、全体評価は「2.9」ですが、詳細な評価については星の数が極めて少ないという矛盾が起きていました。やらせレビュワーたちは商品全体のレビュー評価のみをし、詳細な機能については未記入で投稿したのでしょう。

発売直後なのにレビュー数が異常に多いアイテムも要注意。Amazonでの取り扱いが始まったばかりにも関わらず、レビュー件数が多い商品は怪しいニオイがプンプン…。大手メーカーでCMがあれば分かりますが、マイナーなブランドでそこまでイッキにレビュー数が増えるというのは不自然です。

実際、発売から20日しか経っていないのに、レビュー件数が114件のアイテムを発見。しかも、発売直後のレビューはそのほとんどが星5つで、最近のものは星1つ。商品発売に合わせてやらせレビューを量産した可能性が高いでしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事