ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Amazonで規制対象の危ないグッズが売られる理由

今やネット通販のガリバーとなったAmazon。「地球上で最大級の品揃え」とうたうだけあって、無いモノが無いというくらいありとあらゆる商品を取り揃えています。そんな中、日本国内では販売が規制され、見かけなくなった危ないグッズが、日本版のAmazonでフツーに買える状況なのです。暗黒商人たちが蠢くAmazonの闇に迫ります。


Amazonで規制対象の危ないグッズが売られる理由

マーケットプレイスは誰でも出品可能

Amazonには多数の外部業者が出店しており、ショッピングモールのようにAmazonのプラットフォームの中で大量の商品を出品しています。同じ商品ページの中でAmazonが販売するモノと、Amazon以外の業者が販売する「Amazonマーケットプレイス」の商品が混在しているのです。

楽天市場のように明確にショップが分かれておらず、ユーザーにとってはAmazonの商品も外部業者の商品も垣根がなく、まとめて決済できるのが大きなメリットといえます。

マーケットプレイスの拡充を図る米Amazonでは、売り上げの約半分がマーケットプレイスでのものです。日本のAmazonも今後、在庫リスクのないマーケットプレイスへのシフトを進めていくものと思われます。

そして、このマーケットプレイスには、基本的に誰でも出品することが可能です。クレジットカード情報や振込用の銀行口座を登録するだけと手続きは非常に簡単で、出店業者の間でも「ザル」といわれているとかいないとか…。

商品がマーケットプレイスか判別する

当然、こうした出品し放題の状況は販売される商品にも影響します。マジコン・イモビカッター・ピッキングツール・高出力レーザーポインター…といった、日本市場では販売が規制されている商品がしれーっと復活しているのです。

その多くは中国からの発送。海賊版や怪しい中華製品が大量に出品されている様子は、さながら国内最大級の“闇市”といったところでしょうか。

売られている商品が、Amazonによる販売なのか、マーケットプレイスなのかを判別するポイントは「カートに入れる」ボタン付近。Amazonが販売する商品は「この商品は、Amazon.co.jpが販売、発送します」と表示されますが、マーケットプレイスの場合は業者名が表示されるのです。(文/Pusai・miyazawa)

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事