ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Amazon出品者が語る「さくらレビュー」売上効果

巨大通販サイトAmazonには、自社の商品に星5つを付ける「さくらレビュー」業者が蔓延しています。Amazon「さくらレビュー」はなぜなくならないのでしょうか。そこで、自身もさくらレビュー行為をしたことがあるというAmazon出品者に、レビュー制度の内情について詳しく話を聞きました。


Amazon出品者が語る「さくらレビュー」売上効果

Amazonさくらレビューで売上アップ

Amazonはレビューによって商品の売上が大きく変わります。ジャンルや価格帯、商品の品質にもよりますが、レビューがゼロの時に1か月間全く売れなかった商品が、星5つのさくらレビューを2つ書いた途端、1週間に2~3個ほど売れ始め、最終的には月間で80個ほど売れるようになりました。

Amazonで重要なのはレビューの件数。高い評価のレビューが増えると、検索の上位に表示されるようになります。また、最近はスマホユーザーが増えたことで、レビューの内容をそこまで熟読するユーザーが減ったのかもしれません。

また、Amazonでは上の方に高い評価のレビューが並んでいることが肝心です。「役に立った」ボタンが押されるとそのレビューが上に行きやすいため、業者の中には「役に立った」ボタンを外部からクリックさせるところもあります。

Amazonでさくらレビューを自作自演

とはいえ、日本の企業でAmazonで大胆なさくらレビュー行為を行っている会社は多くありません。Amazonの検索やレビュー表示のアルゴリズムは、世界でもトップクラス。疑わしい行為を行うと、すぐに警告がきてアカウントが凍結されてしまうからです。

一方で、中華系の企業はAmazonでかなりド派手にさくらレビューを自作自演。品質がイマイチな商品にさくらレビューを数多く入れて一気に商品を売り切るのです。販売から発送までの時間をある程度あけ、評価の低いレビューが付く前に売り上げを稼ぐという手法がよく見られます。

そして、悪質な商品が消費者の手元に届き始めると、悪いレビューが貯まってAmazonのアカウントが凍結。しかし、再度、アカウントを取得し商品を出品し直すというのが常套手段です。出品アカウントが容易に取れてしまうことが、Amazonのさくらレビューがなくならない理由の1つかもしれません。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事