ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Amazonクラシックでプライム会員は損か?得か?

ネット通販を利用している人で、最大手のひとつ「Amazon」を利用したことがない人は少数派でしょう。そのAmazonのショッピングでポイントが貯まりやすいのが「Amazon MasterCard」で、通常カードのクラシックなら年会費も実質無料です。そして、Amazonプライム会員になることで、さらにポイントアップが受けられるのです。


Amazonクラシックでプライム会員になるのは損?

Amazonクラシックの年会費は実質無料

「Amazon MasterCard」は、三井住友カードがAmazonと提携して発行するクレジットカードです。カードの種類は、通常カードにあたる「クラシック」と、ゴールドカードとなる「ゴールド」の2種類とシンプルで、年会費はクラシックが実質(年1回以上の利用で)無料、ゴールドは1万1000円です。

Amazonの提携カードということで、Amazon MasterCardのポイントプログラム「Amazonポイント」はクラシックで1.5%、ゴールドでは2.5%と高還元率になっています。ちなみに、Amazon MasterCardはAmazon以外のショッピング利用でも還元率1%となっていて、比較的お得な部類のクレジットカードといえるでしょう。

ところが、クラシックの還元率1.5%については、これを上回るカードも存在。というのもAmazonは提携カードの他にもポイントアップを提供しているためです。例えば、オリコカードの「オリコカード ザ ポイント」は、同社のネットショッピングモール「オリコモール」経由でAmazonを利用すると、還元率は2%となります。

Amazonクラシックの還元率をアップ

還元率2%と聞くと、Amazon MasterCardクラシックをAmazonで使うメリットが薄いように見えるかもしれません。しかし、クラシックに関してはAmazon利用について還元率を1.5%から2%へアップする方法があります。それは「Amazonプライム」へ入会することです。

Amazonプライムは、元々は注文した商品を特急便で配送するサービスとしてスタートしましたが、いまでは「プライム・ビデオ」「プライム・ミュージック」といったサブスクリプションサービスや、洋服や靴を試着できる「プライム・ワードロープ」といったさまざまなサービスがセットになっています。

Amazonプライムの会費は年4900円または月500円で、通常カードの年会費と考えると割安とはいえません。しかし、Amazonプライムのサービス内容をフル活用するのであれば、十分お得ともいえます。また、他カードのポイントアップと違い、Amazon MasterCardのAmazonプライムによるポイントアップは上限もありません。

逆に、Amazonプライムを頻繁に利用するほどのAmazonヘビーユーザーではなく、年2~3回程度ショッピングで使うような人は、年4900円のAmazonプライム会費を払うと損かもしれません。ちなみに、AmazonのショッピングポイントアップだけでAmazonプライム年会費の元をとるには年98万円の買い物が必要です。

■「Amazon」おすすめ記事
Amazonやらせレビューが量産される仕組みに遭遇
購入して判明「Amazonさくらレビュー」カラクリ
Amazon「サクラチェッカー」6つの評価項目は?
勝手に商品が届く「Amazon代引き詐欺」が横行中
Amazon偽サイトでありがちなURLの違いとは?
Amazonの注文履歴を「非表示」にするテクニック
Amazonギフト券の使い方で絶対得するテク
Amazonで割引率90%アイテムだけ表示する方法
Amazonの価格変動を知って最安値でお買い物
Amazonの定期便は1回限りでも10%オフになる

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事