ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Amazonのゴールドは年会費の元を取るのが難しい

いまや誰もがオンラインショッピングを利用する時代になりました。なかでも、日本最大のオンラインショッピングモール「Amazon」には、通常のクレジットカード以上にポイントが貯まるクレジットカードを用意。さらに、年会費が1万円以上のゴールドカードもあります。はたして年会費の元はとれるのでしょうか?


Amazonのゴールドは年会費の元を取るのが難しい

Amazon Mastercardゴールドの年会費

「Amazon Mastercardゴールド」は、Amazonと三井住友カードが提携して発行しているゴールドカードです。年会費は1万1000円と、一般的なゴールドカード並みですが、Amazonのショッピングは利用金額の2.5%をポイント還元するだけでなく、Amazonプライムが無料になります。

Amazonショッピングのポイント還元は、通常カードの「Amazon Mastercardクラッシック」が1.5%なので、ゴールドカードの方が1%高い還元率。とはいえ、1%の還元率アップで年会費の元を取るには100万円以上利用しなければなりません。

一方のAmazonプライム特典は、当初はショッピングでの配送が早くなる「お急ぎ便」が無料になることからスタートしましたが、現在では動画配信の「Prime Video」や音楽配信の「Prime Music」など、さまざまなサービスが含まれます。Amazonプライムの年会費は通常であれば4900円です。

Amazon Mastercardゴールドを選ぶ理由

加えて、カード明細書をWebへ切り替えることで、年6回以上利用すれば年会費が1100円割引になります。このため、Amazon Mastercardゴールドの年会費はAmazonプライム利用を前提にすると実質5000円ということになります。

一方、Amazon Mastercardクラッシックの方は、Amazonで年1度利用すれば1375円の年会費は無料。さらに、Amazonプライムに加入するとクラッシックカードでもポイント還元率が2%にアップします。ということは、Amazonを年100万円程度利用しないと、ゴールドカードの年会費の元を取れない計算です。

とはいえ、Amazon Mastercardゴールドには、最大300万円までのショッピングプロテクションや旅行傷害保険といった、ゴールドカードならではのサービスも自動的に付帯。そうしたサービスにメリットを感じない限り、あえてクラッシックではなくゴールドを選ぶ理由はなさそうです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事