ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

規約改定でAmazonゴールド2.5%還元が消える?

Amazonのヘビーユーザー、とくにAmazonプライム会員にとって「Amazonカードゴールド」は魅力的なカードでした。ところが、11月からAmazonカードゴールドは順次廃止されることが発表され、解約を考えている人もいるかもしれません。しかし、Amazonのヘビーユーザーであれば今Amazonカードゴールドを解約すると損なのです。


規約改定でAmazonゴールド2.5%還元が消える?

Amazonカードゴールドは2.5%還元

Amazonのショッピングでポイントが貯まりやすい「Amazon Mastercard(Amazonカード)」には、これまでクラッシックとゴールドの2種類が発行されていました。ところが、2021年11月1日からシステムが変わり、年会費無料の一般カードとAmazonプライム会員向けのプライムカードの2種類へ変更となったのです。

すでにAmazonの公式サイトでは、新カードデザインも公開済み。新システムでは、一般カードを入手のうえAmazonプライムの会員になることで、自動的にプライムカードと同等のサービスを受けられます。

なお、Amazon利用に関してのポイントアップは、一般カードが1.5%、プライムカードが2%で、これは従来までのクラッシックと同じ特典です。

一方、影響が大きいのがAmazonカードゴールドの会員。これまでは年会費1万1000円でAmazonプライム会員が無料になるほか、Amazon利用で貯まるAmazonポイントの還元率が2.5%と高いことがセールスポイントでした。

Amazonカードゴールドには救済措置

ところが、2021年11月以降はAmazonカードゴールドへ付帯するAmazonプライム特典は年会費の期限でなくなり、Amazon利用での2.5%へのポイントアップやAmazonプライムの自動付帯が廃止になります。また、国内空港ラウンジ利用も2022年11月以降利用できなくなるなど、事実上ゴールドカードは廃止となる見込みです。

しかし、Amazonカードゴールド会員には救済措置があり、年会費の有効期限までに新規にAmazonプライムを申し込むことでAmazon利用分の2.5%へのポイントアップが維持されます。一方、期限内にAmazonプライムを申し込まない場合、Amazon利用分のポイントは1.5%とクラッシックと同じになってしまうのです。

Amazonカードゴールド所有者の大半は、Amazonプライム利用目的で会員になっているでしょうから、年会費の有効期限内にAmazonプライムの新規登録を忘れないことが大切です。また、Amazonプライムなど利用しないという人であればとくに解約手続きをせず放置したままでも、年会費は無料のため損にはなりません。

■「クレジットカード」おすすめ記事
ドコモのゴールド「dカードGOLD」が超お得な件
クレカ審査がない「ETCパーソナルカード」とは
Suicaは何のカードでチャージするのが一番お得?
Suica付きビューカードで一番お得なのはどれ?
ダークウェブで売買されるクレジットカードとは
ダミーのクレジットカード番号が入手できる!
東日本以外でもビックカメラSuicaカード最強説
タレントにも被害「クレジットマスター」の手口

■「ラウンジ」おすすめ記事
東京駅の「ラウンジ」はどうすれば利用できる?

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事