ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

流行中の「Android TV BOX」ウラ活用法とは?

ここ数年、AndroidOSを内蔵したHDMI端子搭載のメディアプレーヤーが「Android TV BOX」と呼ばれ、映像系機器のトレンドの1つになっています。Google Playなどからアプリを追加可能なため、自分好みに機能を強化・拡張できるAndroid TV BOXが、テレビ&ガジェットマニアにウケているのです。


スポンサーリンク
流行中の「Android TV BOX」ウラ活用法とは?

Android TV BOXに中華製のウラ製品

Android TV BOXは「YouTube」「AbemaTV」などの動画系アプリ、PCに保存しているAVIやMP4などの動画ファイルを、HDMI接続した大画面テレビで見られるようになるのが最大の特徴です。

そして、Android TV BOXには国内メーカーから発売されているオモテ製品と、中華製のウラ製品が存在。ウラ製品の中には、日本のアニメやドラマがVODで見放題になる海賊版動画配信サービスにアクセスできるアプリを標準搭載しているものもあります。

今回紹介するAndroid TV BOXは、日本のPC周辺機器メーカーのテックが取り扱う「TMP905-4K」です。ボディとリモコンのデザインから、中華製品をベースに、それを日本仕様にカスタマイズしていると思われます。

Amazonなどネット通販で1万円以下で買えるため、入手のしやすさは申し分ありません。日本語の取扱説明書も付属。基本設定をチェックしつつ、ウラ活用法も探ってみましょう。

Android TV BOXに追加できるアプリ

このAndroid TV BOXには「YouTube」と「Netflix」の2つの動画系アプリが標準で実装されています。これだけでも十分楽しめますが、AndroidOSを搭載しているので、Google Playからアプリを追加しましょう。

ひと通り試したところ「TVer」「Gyao!」などは非対応だったものの、「AbemaTV」はインストールできました。国内仕様なので、何かしら自主規制があるのかもしれません。この辺は、今後のファームアップに期待しましょう。

なお、マルチメディアプレーヤーの「Kodi」が標準実装されています。PCに保存しているAVIやMP4形式の動画ファイルをUSBメモリなどにコピーしてTMP905-4Kに接続すると、Kodi上で再生可能。つまり、テレビで見られるようになります。

また、APKファイルによるアプリの追加も可能です。P2Pテレビの「Cloud TV」などをインストールすると、海外の専門チャンネルがAndroid TV BOXでリアルタイムで見られるようになってしまいます。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事