ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

バックグラウンドでデスクトップ録画するツール

映像のバックアップに関して非常に厳しい現在、プロテクトを解除しないデスクトップ録画は必須のテクニックといえます。Windows10の標準機能(ゲームモード)でもキャプチャできますが、「audial One」の連続録画機能など有料ソフトにはその分のメリットもあります。今回は有料ソフト「B’s動画レコーダー7」を試してみました。


バックグラウンドでデスクトップ録画するツール

最小化した状態でもデスクトップ録画

ソースネクストの有料ソフト「B’s動画レコーダー7」は、バックグラウンド録画が特徴のデスクトップ録画ツール。実勢価格は3,900円です。

デスクトップ録画はブラウザで動画を再生中の画面をキャプチャするので、通常はその状態をキープしておく必要があります。しかしながら本ソフトは、ブラウザを最小化した状態で録画が可能。つまり、録画中に別の作業ができるのです。

具体的には、バックグラウンド録画モードを起動。再生画面でキャプチャ範囲を指定して録画を開始すると、5秒間のカウントダウンの後にブラウザが最小化。その状態で録画され続ける仕組みです。

デスクトップ録画した動画の保存形式

デスクトップ録画した動画ファイルの保存形式は、標準ではMP4。高圧縮のH.265/HEVC形式も選べますが、それなりのPCスペックが要求されます。また、フレーム数は10/24/30/60fpsから選択可能です。

実際のバックグラウンド録画の手順を見ていきましょう。ますB’s動画レコーダー7を起動して「録画する」をクリック。「バックグラウンド録画」を選択します。

すると、バックグラウンド録画についてのポップアップが出現するので、右下のOKを押すと、キャプチャ範囲を指定する画面に切り替わります。複雑な操作は不要です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事