ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

自分の個人情報が流出しているか分かるサービス

ネットショッピングやWebサービスのアカウントを作る時には、名前・住所・メールアドレス・電話番号・クレジットカードの入力が必要です。「大手のサイトだから大丈夫」と油断しがちですが、個人情報の流出事件は後を絶ちません。そこで生まれたのが、個人情報流出チェッカー「Firefox Monitor」です。


スポンサーリンク
自分の個人情報が流出しているか分かるサービス

個人情報が流出しているかが分かる

2018年9月には、Facebookがハッカーの攻撃を受けておよそ5,000万人のアクセストークンが流出しました。またAmazonでは社員がメールアドレスなどの機密情報を業者に漏らして賄賂を受け取った疑いががあるとされています。

このように、インターネットにおける個人情報のセキュリティは、「大手企業だから大丈夫」という言い訳は通用しないのです。

このような状況を受け、Mozilla Foundationが新サービスを開始しました。それが個人情報流出チェッカー「Firefox Monitor」。自分のメールアドレスを入力すると、流出しているかいなかが分かる便利な無料のサービスです。

個人情報流出の結果がすぐに表示

Firefox Monitorの使い方は簡単です。「メールアドレスを入力してください」という欄にチェックしたいメールアドレスを入力したら、その下の「あなたのメールアドレスを検索」ボタンをクリックするだけ。すぐに結果が表示されます。

「問題ありません」と表示されたら、個人情報の流出を確認できなかったということ。逆に「あなたの個人情報がデータ侵害に含まれていました」と表示されたら、流出の疑いがあるということです。

流出したWebサイト・日時・流出した疑いのある情報(メールアドレスやパスワード・パスワードのヒント・ユーザーネームなど)を知らせてくれます。流出の恐れがあると診断されたら、すぐさまパスワードを変更するなどして対処しましょう。

■「個人情報保護」おすすめ記事
個人情報の保護スタンプの隠ぺい能力を比較した
個人情報保護シールでピンポイントで目隠しする

■「個人情報」おすすめ記事
個人情報漏洩の不倫サイトの流出データを検証
スマホは履歴を削除しないと個人情報がダダ漏れ
Googleの裏技を使って個人情報は引き出される
SQLインジェクションは個人情報を根こそぎ奪取
Tポイントの個人情報提供を停止する方法とは
住所から電話番号を調べる定番サイトの使い方

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事