ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

自分のメアドがネット流出しているか調べる方法

ネット通販やWebサービスなどのアカウント作成には、メールアドレスや名前、住所、電話番号などの入力が必要になります。大手企業が運営するサービスなら…と油断しがちですが、個人情報の流出事件は後を絶ちません。そこで、自分のメールアドレスがネット上に流出しているかを調べる方法を紹介しましょう。


自分のメアドがネット流出しているか調べる方法

メールアドレスでデータ侵害チェック

ネットがらみの個人情報の流出事件は後を絶ちません。ほぼ毎日のように、個人情報の漏洩事件は発生しています。ファイル転送サービスの老舗「宅ふぁいる便」は、2019年1月に約480万件ものユーザーのメアドやパスワードが漏洩した事件がきっかけで、2020年1月にサービス終了となってしまいました。

インターネットにおける個人情報は、いつどこで流出しているかわかりません。このような状況を受け、ブラウザ「Firefox」を開発している非営利団体「Mozilla Foundation」が個人情報漏洩の照会サービスを行っています。

それが個人情報流出チェッカー「Firefox Monitor」。サイトのトップページには、最近追加されたデータ侵害事件が表示されています。ここで自分のメールアドレスを入力すると、2007年までさかのぼって、そのメアドがデータ侵害を受けているかを検索できるのです。

パスワードなど漏洩した項目を表示

実際に「Firefox Monitor」で「メールアドレスを入力してください」という欄にチェックしたいメールアドレスを入力して、その下の「データ侵害を確認する」ボタンをクリックすると、すぐに結果が表示されました。

「このメールアドレスは0個の既知のデータ侵害があります。」と表示されたら、データ侵害を確認できなかったということ。逆に「このメールアドレスは3個の既知のデータ侵害があります。」などと表示されたら、流出の疑いがあるということです。

結果には「侵害が追加された日」や「漏洩したデータ」が表示。漏洩したデータには「パスワード,IP,メールアドレス」というように漏洩した項目も表示してくれます。データ侵害の恐れがあると診断されたら、すぐさまパスワードを変更するなどして対処しましょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事