ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

アイドル握手会で警察OBを配置するランクとは

ここ数年、急成長しているのがライブイベント産業。市場規模は、ここ10年で1.6倍以上に膨れ上がっています。日々多くのイベントが開催される一方で、海外では音楽イベントで銃乱射や爆破テロといった重大事件が発生。日本でも、多くの人が集まるイベント会場でのセキュリティ強化の声が強まっています。


スポンサーリンク
アイドル握手会で警察OBを配置するランクとは

アイドル握手会の有事マニュアル

厳重な警備体制が敷かれるアイドル握手会ですが、現場のスタッフはいざという時にどのような対応を指示されているのでしょうか。現役アルバイトスタッフに有事発生時の対応マニュアルを聞いてみました。

「ブース内でトラブルが起きたら、1人が相手を取り押さえて、もう1人が現場責任者(警備会社の社員)を呼ぶように指示されています。ただ、相手が凶器を持って襲ってくるようなケースは想定していないので、そういう事態になった場合2人で対応するのはちょっと無理がありますね…」。

実際、2014年のAKBメンバー襲撃事件でも犯人を食い止めたのは、ブースにいたアルバイトでした。最終的には日雇いのアルバイト頼み。これが握手会におけるセキュリティの現状なのかもしれません。

アイドル握手会で警察OBの警備員

アイドル握手会の警備では人気メンバーのブースには、警察OBの警備員が配置される場合もあります。メンバー別警備ランクは人気メンバーが警察OBで、通常メンバーは警備会社・運営スタッフ、研究生などはイベント会社の派遣社員&アルバイトです。

なお、2017年6月、アイドルグループ・欅坂46の握手会において、果物ナイフを所持した男が発煙筒を点火し、銃刀法違反で現行犯逮捕される事件が発生。その手口が話題になりました。

男の供述によると、発煙筒とナイフを忍ばせたカバンを会場外で忘れ物として届け、会場に入った後「カバンを失くした」と申告。カバンを受け取ってセキュリティチェックをスルーしたといいます。これがきっかけとなり、アイドル握手会での警備が一層強化されるようになりました。

■「アイドル握手会」おすすめ記事
アイドル握手会のセキュリティはどう変わった?

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止違反は苦手!?注意だけの警察官が増加中
警察官の出世でノンキャリアはせいぜい警部まで
警察の特殊部隊「SIT」と「SAT」の違いとは
職務質問は警察官の階級章で話す相手を見極める
公安警察はデモや集会に私服で必ず張っている
警察官の制服は「夏服・合い・冬服」3種が基本
婦警さんが合コンに職業を隠して参加する理由

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事