ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

地震に備えて高カロリーの「保存食」をセレクト

緊急時に命綱となるのが保存食。避難所に辿り着けても救援物資が行き渡らないケースもありえます。疲れやストレスに負けないために、高カロリーの保存食を用意しておきたいものです。そこで、登山家やスポーツ選手が携帯する栄養補給食にも注目。ソッコーでエネルギーチャージできる保存食を紹介します。


スポンサーリンク
地震に備えて高カロリーの「保存食」をセレクト

水なしで作れるビーフカレー保存食

サタケの「保存食牛飯」は、水の量によって2通りの食べ方を楽しめます。160mlの水では牛飯になり、290ml注水すると雑炊になるのです。味は濃いめ。水よりお湯で作った方が断然おいしい仕上がりでした。内容量は100gで389kcalです。保存期間は5年。価格は378円です。

ヤギショーの「本格スープで作るビーフカレー」は内容量が260g、カロリーは400kcalを超える保存食です。アルファ米にレトルトのカレーを混ぜるだけでOK。水もお湯も不要で作れます。ドライカレーのような見た目です。保存期間は2年で、価格は518円となっています。

ユニバーサルトレーディングの「ザ・温ライト キムチビビンバ」は、辛さで体が温まる韓国製インスタントキムチビビンバです。かき混ぜるためのスプーンが付属しないのが難点。味は思いのほか辛い印象。良く言えば、本格的な味といったところでしょう。内容量は100gで380kcalです。保存期間は3年。価格は529円です。

5年間しっとりで食べられる保存食

ミドリ安全の「サバイバルパンチョコチップ」は、1箱にパンが2個入り。アルミの袋に包まれ、5年間しっとりとしたまま食べられるという保存食です。ただし、実際は少々パサパサ。腹持ちは良さそうですが、1個食べただけで喉が乾きました。内容量は110gで467.5kcalです。保存期間は5年。価格は562円です。

井村屋の「えいようかん」は登山家も携帯するという「ようかん」。甘い物が欲しい時に、手軽にカロリーと糖分が摂取できます。普段食べているそのままの味で、安心して食べられました。内容量は1本60gで5本入り、1本171kcalです。保存期間は5年。価格は540円です。

パワースポーツの「パワーバーエナジャイズ バナナパンチ」は、自転車競技のアスリートに好まれているエナジーバー。バナナ味で食べやすく、一気にカロリーチャージが可能です。若干ベタ付くのが難点。バナナとアーモンドペーストの味が強い印象でした。内容量は55gで203kcalです。保存期間は1年。価格は324円です。

井村屋の「スポーツようかんカカオ」は、スポーツ選手がカロリーをチャージしやすいようにパッケージングされた、新感覚のようかん。押すと、ようかんが出てくる設計です。カカオ入りでチョコレートに近い味でした。内容量は38gで124kcalです。保存期間は1年。価格は130円です。

■「防災グッズ」おすすめ記事
防災ラジオを受信感度と動作時間で比較してみた
防災ラジオのおすすめは手回し充電のRF-TJ10
手ぬぐいは使い方次第で防災グッズに早変わり
防災グッズのリストに入れるたいブレスレットとは
防毒マスクはレスキューグッズとして常備すべし
防塵マスクにシールドが煙もシャットアウトする
クリアケースが強度抜群のヘルメットに早変わり

■「災害」おすすめ記事
自衛隊の災害派遣の多くの占めるのは陸上自衛隊
89式装甲戦闘車が御嶽山に災害派遣された理由

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事