ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

超小型カメラがサンプルに仕込まれた自動販売機

キリンビバレッジバリューベンダーと警視庁西新井警察署がタッグを組んで出来上がったのが「みまもり自動販売機」です。自動販売機に並んだ飲み物サンプルに穴が開いており、超小型カメラが内蔵されています。実はこれ、自動販売機でありながら防犯カメラでもあるという画期的なアイテムなのです。


スポンサーリンク
超小型カメラがサンプルに仕込まれた自動販売機

超小型カメラが自販機に仕込まれる

スマホと連携してポイントが貯まる自動販売機、大型の液晶パネルを搭載した自動販売機、人の顔を認識してオススメ商品を提示してくれる自動販売機などなど、日々新しいハイテク自動販売機が生み出されています。

そんな中、登場したのが「みまもり自動販売機」です。自動販売機兼防犯カメラとしての2WAY自動販売機で、商品サンプルに超小型カメラが仕込まれています。

近隣で事件が発生した際は、自動販売機の超小型カメラで撮影した映像が西新井警察署に提供され、犯罪解決のために使われるとのこと。また、自動販売機に「いつもまちをみまもっています」と書かれたピーポくんのポップを貼り付けることで、犯罪抑止の効果も狙っているといいます。

超小型カメラの映像はSDカード保存

飲み物サンプルに内蔵した超小型カメラは、120度の広角レンズを採用。飲み物サンプルに内蔵することで、威圧感を感じさせない、人と同じ目線で撮影できるなどのメリットがあります。

気になるセキュリティですが、超小型カメラの撮影映像はSDカードに保存され、厳重なセキュリティを確保。西新井警察署にある専用PCでないと読み取れない仕様になっており、キリンビバレッジ側でも映像は閲覧できない仕組みです。

「みまもり自動販売機」は、現在は東京都足立区の西新井警察署管内に設置されていますが、2018年中には30台増設予定とのこと。その実績次第では増設や他エリアへの拡大も検討するとしています。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事