ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

火器管制レーダーとオービスが使うXバンドとは

昨年12月からニュースを賑わせている、海上自衛隊と韓国海軍間でのレーダー照射問題。その際、火器管制レーダーが使用する電波として、聞き覚えのある「Xバンド」という用語が使われています。Xバンドといえば、レーダー式オービスが照射している電波。その電波をキャッチするのがレーダー探知機です。


火器管制レーダーとオービスが使うXバンドとは

火器管制レーダーはXバンドを使用

無線の周波数帯には「短波帯」「VHF帯」といった呼び方とは別に、1GHz以上には電気関連団体・IEEEが定める「バンド」という名称があります。このうち、一番低い周波数帯は1~2GHzの「Lバンド」。次が2~4GHzの「Sバンド」で、「Cバンド」は4~8GHz、「Xバンド」は8~12GHzです。

Cバンドは今回話題となった軍事レーダーでは、常時回転している捜索用レーダーで使われているもの。このほか、国際通信衛星・インテルサットが利用しています。また、Wi-Fi規格の一つであるIEEE 801n/aも5GHz帯のCバンドを使用しますが、レーダーや通信との干渉を防ぐため屋内利用に制限されています。

そして、火器管制レーダーで使用されているのがXバンドです。Xバンドといえば、より身近なのが自動車のスピード違反の取り締まりでしょう。いわゆるレーダー式の自動速度取り締まり装置・オービスは、Xバンドの電波を違反車に照射。ドップラー効果で変化し跳ね返ってくる電波との周波数差からスピードを割り出します。

レーダー探知機はXバンドを警告

そして、火器管制レーダーの原理も基本的にはレーダー式オービスと同じ。レーダー照射して跳ね返ってくるXバンドの電波の変化から、ターゲットの位置と速度を割り出しています。

市販されているレーダー探知機は、Xバンドの電波をキャッチすることで警察のスピード違反の取り締まり事前に警告する仕組み。かつては自動ドアのセンサーにもXバンドは使われていて、レーダー探知機の誤動作につながっていました。現在は多くが赤外線センサーに切り替わったことで、誤動作が大幅に減っています。

CバンドやXバンド以外で急速に身近となりつつあるのが18~27GHzのKバンドです。この周波数帯は水分子の性質から大気中で電波が減衰しやすく、長距離通信には不向きとされてきました。

しかし、最新の自動車に搭載されることが増えた自動ブレーキアシストなどの安全装置は、Kバンドの電波をセンサーとして使っているのです。短い距離、しかも通信ではなくレーダーであればKバンドでも十分実用的というわけ。自動車向けの安全装置向けとしてKバンド内の24GHz帯が割り当てられています。

■「オービス」おすすめ記事
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?
オービス検知アプリは新型オービスにもすぐ対応
オービスの種類と特徴はしっかり頭に入れておく
オービスの主流「LHシステム」のLHは何の略?
新型オービスの登場で変わる速度取り締まり対策
オービス取締りは「撮影に関する制限」があった
Nシステムは通行車両のナンバープレートを撮影
全国のN端末を網羅した「Nシステムマップ」とは

■「速度違反」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事