ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗聴器が仕掛けられているかセルフチェックする

盗聴器にはさまざまな種類がありますが、最も使われるのが無線式盗聴器です。仕掛けられる場所というと思い浮かぶのはラブホテル。実際、盗聴器が仕掛けられることが多いのも事実です。しかし、それよりも多く仕掛けられているのが一般家庭。盗聴器が仕掛けられているかをセルフチェックする方法を紹介しましょう。


スポンサーリンク
盗聴器が仕掛けられているかセルフチェックする

電源タップ式の盗聴器が最も手軽

家に侵入して短い時間で盗聴器を仕掛けるとしたら、電源タップ式の盗聴器をコンセントに挿すのが最も手軽な方法です。ポンと挿すだけで、200mくらいは盗聴波が出ます。しかも一度仕掛ければ、半永久的に電波を発射し続けるのです。

そして、盗聴器を仕掛けた側はその家の周囲100~200mくらいの場所から、受信機などで安全に盗聴器の音声を聞くというわけ。仕掛けられた側が盗聴器の存在に気づかない限り、室内の音声は筒抜けです。

とはいえ、盗聴器からの電波は受信機があれば誰でも聞くことが可能。発見業者が盗聴器を見つけ出すのも、その特性を利用しています。さらに、一定の受信の知識があれば、盗聴器が仕掛けられているかはセルフチェックできるのです。

無線式盗聴器の周波数は3波が主流

無線式盗聴器の周波数は398~399MHz帯のA~Cの3チャンネルが主流。その周波数を受信機に登録してスキャンすればチェックできます。市販の盗聴器発見機はこの周波数がセットされていて、ワンタッチでスキャンができるようになっています。

いざ盗聴器が仕掛けられているかをチェックするときは、部屋にテレビ音声などの音を流すこと。固定電話がある場合は、時報を流します。というのも、盗聴器の中には音声を拾った時のみ電波を発信するタイプがあるからです。

続いて、部屋の中にあるすべての電化製品の電源をいったんオフ。順番に電源を入れていきます。これは電化製品に盗聴器が組み込まれているケースがあるからです。あとは受信機や盗聴器発見機で盗聴器の電波をチェックしていきます。

■「盗聴器」おすすめ記事
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ
盗聴器発見のプロが語るアナログ盗聴の現在
盗聴器が発見される場所を知っていて損はない
盗聴器の周波数はUHF帯の3波をスキャンする
盗聴器発見器は3つのモードを使って追い詰める
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代
非合法な盗聴器の音声から聞こえてくる内容は?
盗聴器の発見方法はハンディ受信機のスキャン
盗聴器の見つけ方がわかるセルフチェックの手順
盗聴器を発見するときは117の時報を流し続ける

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事