ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホが「盗聴器」になってしまうアプリとは?

カメラ・マイク・GPSといった機能を備えたスマホは、優秀なスパイツールにもなりえるポテンシャルを持った電子機器。スマホに「ボイスレコーダーアプリ」をインストールするだけで、盗聴器に早変わりします。長時間の録音は容量が膨大になるため、無音部分をスキップして録音できる機能を搭載したアプリを選ぶのがポイントです。


スマホが「盗聴器」になってしまうアプリとは?

スマホが盗聴器に変身するアプリ設定

「自動ボイスレコーダー」は、音声を感知した時だけ録音できるボイスレコーダーアプリ。Google Playで無料で入手可能です。アプリをインストールしたスマホをターゲットとする場所に置くだけで、スマホが盗聴器に変身。スマホなら、棚やテーブルの上に無造作に置かれていても誰も気に留めることもありません。

スマホの盗聴器化のポイントは、アプリを使用する前に「無音部分をスキップしますか?」にチェックを入れておくこと。スマホスタンドなどを使って、自然な形でスマホをセットしておけば完璧でしょう。

あとは「録音」をタップしてスマホをセットします。これで周囲の会話や物音など、音声を感知した時だけ録音されるというわけ。音声ファイルはMP3形式で保存され、クラウドストレージなどにアップロード可能です。

ボイスレコーダーアプリでスマホ盗聴

iPhoneのボイスレコーダーアプリであれば「Alon Dictaphone」に、無音部分をスキップできる機能が搭載されています。「無音時は録音しない」をONにして使えば、スマホの盗聴器化は完了。App Storeで無料で入手可能です。

なお、スマホをリアルタイムで監視する盗聴器として使いたい場合は、iPhoneの「通話オーディオルーティング」が使えます。「通話オーディオルーティング」→「スピーカー」→「自動で電話に出る」をオンにしておきます。

このiPhoneに電話をかけると自動応答してくれるというわけ。すると、周囲の音が電話越しに聞こえてくるのです。「周囲の音を拾える=盗聴器」という図式が成り立つのでした。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事