ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

空き巣の侵入手段「無締り」に隠れた新たな手口

空き巣と聞くと、ガラス破りやピッキングといったの侵入手段をイメージしがち。たしかに、ガラス破りは空き巣の侵入手段の1位ですが、僅差で2位につけているのが「無締り」です。空き巣の無締りによる侵入について詳しく見ていきましょう。そこには、空き巣の新たな侵入手段が潜んでいる可能性もあるのです。


スポンサーリンク
空き巣の侵入手段「無締り」に隠れた新たな手口

空き巣の侵入はガラス破りと無締り

警察庁の統計によると、空き巣の侵入手段の大部分を占めるのが「ガラス破り」と「無締り」です。ガラス破りは窓のクレセント錠付近をコブシ大に割って、外から窓を開けて侵入する手口。空き巣の侵入手口としてよく知られています。

一方の無締りとは文字通り、カギをしていなかったために侵入されたということ。一戸建てでは、窓の無締りが圧倒的に多いのですが、共同住宅では表出入口の無締りの数は窓の無締りとそれほど差が出ていません。

その意味で、きちんとした戸締りをすることで、年間で1万件を超える無締りによる空き巣被害を防ぐことができるということ。とくに、オートロック付きの共同住宅などでは、セキュリティを過信しがちなので注意が必要です。

空き巣による新たな解錠手口が潜む

ただし、物騒な事件が頻繁に報道される昨今で、無締りによる空き巣被害がこれほど多いのは不思議なところ。実際、ドア周辺に目立った痕跡がなかったら、警察は真っ先に“無締り”を疑うでしょう。

被害者も戸締まりをしたかの記憶が曖昧なら“無締り”を認めるのが人情。そこで浮上してくるのが、痕跡が残りにくい手口での侵入の可能性です。実際、ピッキングなどは痕跡が残りにくい手口といえるでしょう。

つまり、無締りとされている被害の中には、警察や被害者が気付いてない手口で侵入された可能性も捨てきれません。それだけに、無締りの影に知られざる空き巣による新たな解錠手口が潜んでいる可能性もあるのです。

■「空き巣」おすすめ記事
窃盗の大部分は「空き巣」いますぐ防犯対策
空き巣対策!狙われる一軒家はこんな家だった
空き巣がターゲットの一軒家を選ぶ5つの狙い目
防犯対策は空き巣が嫌がる4つのポイントを重視
空き巣の手口「焼き破り」15秒でガラスが割れた
ドアスコープから部屋に空き巣がいないかを確認
窓の防犯対策はホームセンターですべて揃う
防犯カメラの設置を自力でするための注意点とは
防犯カメラの設置費用はプロがやるといくら?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事