ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

空き巣が玄関から侵入するのを防ぐ防犯アイテム

空き巣による住宅侵入では、圧倒的にカギの無締まり宅が狙われます。夏頃になると、暑いからといってU字ロックをかけて玄関ドアを開けている家もありますが、これは問題外。U字ロックは紐を使って外から簡単に開けられます。玄関からの侵入をあきらめさせる空き巣対策を紹介しましょう。


空き巣が玄関から侵入するのを防ぐ防犯アイテム

空き巣対策の基本は玄関カギの強化

玄関からの空き巣の侵入を防ぐには、無締まりをしないことと、カギを強化することが重要です。合カギやピッキングによる侵入は自宅侵入全体の5%程度ですが、空き巣対策の基本です。

泥棒は「入るのに5分」が侵入までの時間の目安。それ以上かかると諦める傾向にあります。玄関にカギを2つ付ければ、解錠するのに時間がかかって侵入を諦める確率が上がるでしょう。

とはいえ、1本のキーで開けられるカギを2つ取り付けたり、同じ種類のカギを追加する「1ドア2ロック」では、1つよりはマシですがあまり意味がありません。シリンダーキーとディンプルキーなど、2種類の異なるカギを付けましょう。

一方、空き巣はターゲットを定める時、多くが下見を行います。空き巣が嫌がるのは「目・光・音」。人の目や防犯カメラ、街灯や防犯ライト、警報装置などを探るのです。

空き巣対策にドアの覗き見防止金具

とくに光は、怪しい人物を目に付きやすくします。防犯ライトや、家に人がいるようにみせかけるテレビシミュレーターなどが効果的。泥棒は、リスクを冒したくないため、防犯意識の高い家には近付かない傾向があります。

Hanwhaの「TVシミュレーター」は、まるでテレビがついているようにLEDが不定期に点滅するライト。日中・夜間問わず在宅を装える防犯グッズです。実勢価格は2,980円となっています。

また、玄関のドアスコープの覗き見防止金具は空き巣対策の必須アイテム。実は、単眼鏡を外からドアスコープに押しつけると室内の様子が丸分かりになります。ドアスコープを目隠しをして、玄関ドアの外から中を覗く空き巣の目を潰しましょう。

ノムラテックの「のぞき見防止金具」は、ドアスコープに貼るだけで簡単に設置できる防犯アイテム。実勢価格は382円です。

■「空き巣」おすすめ記事
窃盗の大部分は「空き巣」いますぐ防犯対策
空き巣対策!狙われる一軒家はこんな家だった
空き巣がターゲットの一軒家を選ぶ5つの狙い目
防犯対策は空き巣が嫌がる4つのポイントを重視
空き巣の手口「焼き破り」15秒でガラスが割れた
ドアスコープから部屋に空き巣がいないかを確認
窓の防犯対策はホームセンターですべて揃う
防犯カメラの設置を自力でするための注意点とは
防犯カメラの設置費用はプロがやるといくら?
泥棒の「空き巣・忍び込み・居空き」の違いとは

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

  • 空き巣が下見でチェックする狙い目ポイント5つ
    空き巣が下見でチェックする狙い目ポイント5つ
  • 空き巣被害を最小限にする貴重品の置き場所は?
    空き巣被害を最小限にする貴重品の置き場所は?
  • 窓のカギは単なる留め具なので防犯性はゼロな件
    窓のカギは単なる留め具なので防犯性はゼロな件
  • ガラス破りの防犯フィルムは500ミクロンが目安
    ガラス破りの防犯フィルムは500ミクロンが目安

  • オススメ記事

    盗撮犯罪で逮捕される事件急増!自分の身を守る方法

    悪質な盗撮犯罪は年々増加傾向にあります。警察庁によると、2021年の盗撮行為による検挙件数は5019件で過去最多を更新。盗撮犯罪は1930件だった2011年から10年間で2倍以上に増えたことに[…続きを読む]

    盗聴器の見つけ方!アプリや発見機の使い方も解説

    テレビ番組の盗聴特集などを見て、自宅に盗聴器が仕掛けられていないか気になった人は多いでしょう。盗聴器の見つけ方は、そんなに難しいものではありません。そこで、盗聴器の見つけ方をいくつか紹介しまし[…続きを読む]

    LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

    圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEの会話は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEの会話を探偵が盗聴する手口を見ていくとともに、それを防ぐ[…続きを読む]

    盗聴はアプリを入れればできる

    盗聴器といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴器が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した「盗聴器アプリ[…続きを読む]

    チョコボールのエンゼルを見分ける方法

    おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボール銀のエンゼルの当たり確率と見分け方を紹介しまし[…続きを読む]




    目次