ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

軍用機が使うエアーバンドの割当て周波数は?

航空・海上・陸上自衛隊の航空機が使う、軍用機の航空無線を「ミリタリーエアーバンド」と呼んでいます。また、主な割当て周波数帯が、UHF帯であることから軍用機の航空無線を「UHF帯エアーバンド」とも呼称することがあります。軍用機が使うエアーバンドの割当て周波数はどこなのでしょうか。


軍用機が使うエアーバンドの割当て周波数は?

ミリタリーエアーバンドの周波数

ミリタリーエアーバンドの割当て周波数はUHF帯の225~400MHzをメインにしてVHF帯の一部を使います。ちなみに民間機が使用するエアーバンドは、割当て周波数がVHF帯にあるので「VHF帯エアーバンド」になります。

なお、民間機の無線機には118~136MHzというVHF帯エアーバンドの周波数しか実装されていないので、UHF帯エアーバンドを使うことはありません。

なので、民間機がVHF帯エアーバンドを使い、軍用機がUHF帯エアーバンドを使うと考えてもいいのですが、軍用機はVHF帯エアーバンドを使うこともあるのです。

航空自衛隊はUHF帯エアーバンドをメインに使用していますが、海上自衛隊と陸上自衛隊の航空部隊はVHF帯エアーバンドを使ってきます(特に陸上自衛隊のヘリ)。とはいえ、民間機のVHF帯エアーバンドではなく、その上にある138~142MHzです。

それでは、軍用機はどのようなコールサインを使っているのでしょう。ちなみに、民間航空機のコールサインは「航空会社+便名」です。

軍用機のエアーバンドのコールサイン

航空自衛隊は「ジャパンフォース」、海上自衛隊は「ジャパンネイビー」などのコールサインが決められていますが、普段はこれらを使用することはまずありません。航空&海上自衛隊機の場合、部隊ごとにニックネームのような英単語が付けられ、これに数字を組み合わせてコールサインにしています。

有名なところでは、政府専用機が白鳥を意味する「シグナス01」を使用しています。陸上自衛隊機は機種ごとにニックネームを設定しているので、ミリタリーエアーバンドからはどの部隊かの判別は難しいでしょう。

陸上&海上自衛隊は、ほぼ固定されたコールサインですが、航空自衛隊のコールサインは、時々変更されます。近隣各国に無線を傍受された際、部隊の動きを分かりにくくするためといわれていますが、変更の数日後にはネットに情報が上がるため、さほど意味はありません。

また、コールサインは防衛機密だと言う人もいますが、防衛省の公文書に一部が記載されているほか、航空祭などでは展示の中にコールサインを使っているものもあり、それほど神経質にならなくてもいいでしょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事