ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ドアスコープが外から見られる危険性を回避する

ドアスコープは玄関ドアを開けずに訪問者を確認できる覗き穴。しかし、ドアスコープから内部の光が確認できることからわかるように、外から中を覗くことも可能なのです。実際、ドアスコープから中を覗くことができるドアビューワーも存在。ドアスコープは外から中を覗かれる危険性を回避する必要があります。


ドアスコープが外から見られる危険性を回避する

ドアスコープから室内をチェック

玄関に付いているドアスコープは、部屋の中から外を一方的に確認できるものと思い込んでいる人も多いでしょう。しかし、「室内確認単眼鏡」ともいわれ、ドアスコープに接続すると外から室内の様子がうかがうことができるドアビューワーが存在します。

ドアビューワーは室内の不審者のチェック用。帰宅時にかけたはずのカギが開いていた場合、不審者が室内に侵入して潜んでいる可能性があります。そんな時に、室内をドアビューワー越しにチェックできるわけです。

オンスクエアのドアビューワー「OA-244」はスコープの倍率が7倍で、レンズ有効径は18mm、最短焦点は約90cmです。サイズ/重さは34W×34H×84Dmm/約65gとなっています。実勢価格は2,480円です。

ドアスコープ対策に覗き見防止金具

実際、このドアビューワーを使うと、ドアスコープから室内の様子が手に取るように分かります。玄関を開ける前に室内の安全が確認できるというわけ。ただし、他人の家を覗き見する行為は法律に抵触するため、悪用は厳禁です。

ドアビューワーは通常の単眼鏡としても使えます。本体にはストラップ取り付け部が設置されており、ストラップも付属するので持ち運びも簡単。スポーツ観戦などでも活躍してくれます。

ちなみに、このドアビューワーは探偵も愛用。相談者にストーカーがドアビューワーを使ってドアスコープから部屋の中を覗けることをデモ体験してもらう時に使用します。ドアスコープの危険性を訴えて、覗き見防止金具などの対策を講じたりするわけです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事