ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

カッターやバールなど職質で所持していると面倒なモノ

警察の職質で所持していると、カッターやマルチツール、バールなど面倒なモノがあることに注意しなければなりません。本人は何の悪意もなく持っていても、銃刀法だけでなく、軽犯罪法や各自治体の迷惑防止条例の対象になり得るモノがあるからです。最悪の場合、警察官の独断的判断で逮捕されることもあるので注意しましょう。


警察の職質時に所持していると面倒なモノリスト


職質でカッターナイフやマルチツールの刃渡り

なかでも、ナイフが付いたマルチツールは要注意。銃刀法の「刃体の長さが6cmを超える刃物を携帯してはならない」という明文とは別に、軽犯罪法で刃渡り6cm未満でも狙われます。“刃物の携帯”に理由が無ければアウトです。

その意味では、包丁も職質時に所持していると面倒なのもの。購入して家に持ち帰る状態なら問題ありません。また、職人が包丁を自宅で研ぐために持ち帰るのも職質ではOK。護身用としての所持は当然、職質ではNGです。

職質では、ナイフや包丁と同様、カッターナイフにも気をつけなければなりません。刃渡りが6cmを超えるので職質では危険物扱いになります。もちろん所持に正当な理由があれば、職質では問題ないでしょう。

夜間帯の双眼鏡所持は、職質で住居のノゾキや下着泥棒の下見と疑われます。双眼鏡などは職質に備えてなるべく携帯は控えたいところです。


職質でバールはNGでプラスドライバーはOK

警察の職質で所持していると面倒なモノとしては、特に住居侵入に使えそうな物品ほど嫌疑をかけられる傾向にあります。警察の職質は犯罪を未然に防ぐことを目的としているので、仕方ない側面はあるでしょう。

住宅の侵入に使われるとしてマイナスドライバーは、職質ではピッキングツールと同じような扱いになります。職質ではプラスドライバーはセーフです。また、ヘアピンは職質でピッキングツール代わりになるとみなされるモノ。大量にハピンを所持していると職質で疑われます。

LEDライトや懐中電灯も職質で所持していると面倒でしょう。正当な理由がない限り、ライトの携帯は警察官の判断で署に連れて行かれる可能性もあります。懐中電灯は住居侵入や武器にもなるので職質では危険物扱いです。

釘抜きは武器や住居侵入に使えるため、職質ではバール同様に窃盗団必須アイテム。どうしてもバールなどを所持しなくてはならない場合、警察の職質に遭遇してもキチンとした理由を即答できるようにしておきましょう。

このほか、催涙ガスなど護身グッズ全般にいえますが、職質時の携帯は軽犯罪法に抵触します。なお、自宅などでの所持はOKです。

■「職質」おすすめ記事
職務質問は任意だが拒否し続けると現行犯逮捕!?
警察の職務質問でやってはいけないNG行動2つ
職務質問は警察官の階級章で話す相手を見極める
職質の「照会」で自分がどんな容疑かを知る方法

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止違反は苦手!?注意だけの警察官が増加中
警察官の出世でノンキャリアはせいぜい警部まで
警察官は階級で国家公務員か地方公務員か変わる
警察用語「さんずい」「うかんむり」何のこと?

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

あわせて読みたい記事

  • NHKプラス登録で受信料を払っていないとバレる?
    NHKプラス登録で受信料を払っていないとバレる?
  • Yahoo!カーナビ「スピード注意情報プラス」中身
    Yahoo!カーナビ「スピード注意情報プラス」中身
  • NHKプラス「ご当地ニュース」地域を10月に拡大
    NHKプラス「ご当地ニュース」地域を10月に拡大
  • 「NHKプラス登録めんどくさい」が変わる仮登録とは
    NHKプラスのログイン登録めんどくさいの解消方法

  • オススメ記事

    逮捕者も出た「モザイク破壊」とはどんな技術?

    2021年10月、ついに「モザイク破壊」に関する事件で逮捕者が出ました。京都府警サイバー犯罪対策課と右京署は、人工知能(AI)技術を悪用してアダルト動画(AV)のモザイクを除去したように改変し[…続きを読む]

    LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

    圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEの会話は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、探偵がLINEの会話を盗み見する盗聴&盗撮テクニックを見ていくと[…続きを読む]

    盗聴はアプリを入れればできる

    盗聴器といえば、自宅や会社など目的の場所に直接仕掛ける電波式盗聴器が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した「盗聴器アプリ」が急増して[…続きを読む]

    チョコボールのエンゼルを見分ける方法

    おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボール銀のエンゼルの当たり確率と見分け方を紹介しまし[…続きを読む]

    空き巣被害に遭いやすい住宅の特徴と正しい防犯対策

    窃盗事件の大半を占めているのが「空き巣」。しかも、空き巣被害の半分以上は住宅が狙われたものです。アナタの家も知らぬ間に泥棒たちに目を付けられている空き巣被害の予備軍かもしれません。空き巣被害に[…続きを読む]




    目次