ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

レーザー式スピード取締り対応のレーダー探知機

アメリカはクルマ社会。巡回しているパトカーも多ければ、レーダー波によりスピード取り締まりも盛んです。ワシントンD.C.やバージニアなど州によっては使用が禁止されているようですが、Amazonでは9バンドに対応したcobraのレーダー探知機「ESD7570」が大人気となっています。実勢価格は約50ドルです。


スポンサーリンク
レーザー式スピード取締り対応のレーダー探知機

レーザーに対応したレーダー探知機

このレーダー探知機は10.525GHzのXバンドに対応しているので、日本のレーダー式オービスなどにも使用可能。ただし、それよりも注目すべきはレーザー(向こうでは、ライダー「LIDAR」ともいう)によるスピード測定にも対応している点です。

日本でもジワジワとレーザー式のスピード測定が増え続けています。新型オービスは「固定式・半可搬式・可搬式」の3タイプがありますが、このうち半可搬式と可搬式にはレーザーによるスピード測定を採用しているのです。

このほか、レーザー式のスピード測定装置を搭載したパトカーも登場しています。ちなみに、レーザー式であればレーダー式のスピード測定装置を扱う時に必要な無線の免許が不要。レーザー式のスピード測定が増えている理由でもあります。

レーザー式の取り締まりを警告する

実際のレーダー探知機は、スピード取り締まりの警告をレベル表示とアラームで行う仕様。本体前面には「X/K」「Ka」「L」という表示が並んでいて、スピード取り締まりの種類を表しています。

すなわち、このレーダー探知機はXバンドの10.525GHzとKバンドの24.150GHz、Kaバンドの33.400~36.00GHzのレーダー波をキャッチできるということ。そして「L」の表示がレーザー式取り締まりの警告です。

ただし、アメリカのレーザー式のスピード測定と日本の仕様が同じかどうかは現状では未確認。YouTubeには「ESD 7570」の性能をチェックする動画がいくつかアップされていますが、レーザー波取り締まりは数が少ないのか見当たりませんでした。

■「スピード取り締まり」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?
LHシステムは全国的に配備が進むオービスの主流
オービス検知アプリは新型オービスにもすぐ対応
オービスの種類と特徴はしっかり頭に入れておく
各地で導入される移動式オービスは可搬式が多い
新型オービスの登場で変わる速度取り締まり対策
ネズミ捕りフラグは道路脇に置かれたパイロン

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事